K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

歌舞伎座 寿初春大歌舞伎 昼の部

f0039281_20512142.jpg

歌舞伎座の初芝居。
ご見物の方々も華やいで、これぞまさに
“日本のお芝居見物”
といった様相を呈するのが常です。
f0039281_20515515.jpg

お正月らしい華やかさのある舞台がはじまるのを、
さざめきながら待つ客席を見回して、
“今年も良いお芝居がたくさん見られますように”
と、心躍らせるのが、睦月の歌舞伎座。
f0039281_2052221.jpg

…なのですが、
何だかいつもの年とは毛色の違う演目が混ざっています。
何月にやっても良いような演目。
気のせいか客席も、期待したほど華やかな雰囲気ではなく、
季節感のなさというか、
メリハリのなさというか、
そんなところが、年の初めからちょっと残念に思いました。

一幕目は、祇園祭礼信仰記の四段目、金閣寺。

桜の木に縛られたお姫様が、降り積もる花びらでねずみを描くと、
あ~ら不思議、絵に描いたねずみが動き出し…、という、
私が春になるといつも思い出す場面のある、お芝居です。
構成も、舞台も、役柄も、いわゆる歌舞伎らしい一幕なのですが、
これに、中堅から若手を揃えた清々しい舞台でした。

松永大膳は、市川染五郎丈。
幸四郎父ちゃまが、なさっていらっしゃるのかと見紛うばかり。
此下東吉の中村勘九郎丈も、お父ちゃまのお声とそっくり。
この方のお衣裳、裃にひょうたん(此下=木下ということなので)
の金糸の刺繍が綺麗です。
それから中村七之助丈は、たおやかで綺麗で見ていて気持ちが良く、
縛られて、手の振り無しの体勢ながら、
身体の動きと表情でなさるお芝居の見事さに、感激しました。
でも、最近TVのバラエティ番組などで、フツーのワカモノ姿を
ちょくちょく拝見してしまうせいでしょうか、お姫様の特殊感や
清潔感に、ちょっと欠ける気が…。
というわけで、
私はやっぱり玉さまの雪姫が一番好き!

そうそう、
金閣寺をセリで上げ下げする大仕掛けも、見ごたえがありまして。
この演出、初演以来続いているものだそうです。
f0039281_2052491.jpg

二幕目は、舞踊で、蜘蛛の拍子舞 花山院空御所の場。

荒れ果てた花山院に、物の怪退治にやってきた源頼光。
彼の前に、葛城山の女郎蜘蛛の精が美しい女性に姿を変えて出てきます。
頼光は七之助丈で、蜘蛛の精は、待ってました!の坂東玉三郎丈。

お昼ご飯休憩のあとで、お腹いっぱい、まったりムードのご見物。
そこへはじまる、ひゅーどろどろの音。
蝋燭の本火に照らされたすっぽんから、美しい白拍子の玉さまが
せり上がった瞬間に、客席の空気がピリリと変わりました。
舞台が狭く見えるような存在感と、圧倒的な求心力は、
一体どこから玉さまの身体に宿ったのでしょう。
十五の時から求心された(?)私にとって、
これはまさに、眼のお正月の幕になりました。

そうそう、途中で、ぼっとりと落ちてくる女郎蜘蛛の作り物。
近づくと獲って喰われちゃいそうな、その名前のイメージには、
ぴったりなれど、本当の女郎蜘蛛は、意外に小さくて細い蜘蛛だと
いうこと、御存知でしたか?

玉さま、勘九郎丈、七之助丈の息の合った踊りも、
気持ちよく揃って見事です。
後シテの蜘蛛の精の玉さまの迫力も、これまた凄まじくて、
見ごたえのある幕でした。
f0039281_20531583.jpg

三幕目は、一本刀土俵入。
昭和6年に初演された、いわゆる新歌舞伎といわれるもの。
長谷川伸の代表作です。

主人公の取的(相撲取り)駒形茂兵衛に、松本幸四郎丈。
対するお蔦は、中村魁春丈。
お二人揃って、いい芝居をなさっていて、その掛け合いは絶妙。
歌舞伎というよりも新派を見ているようです。
このお芝居は、今まで幾度もみてきましたけれど、もしかしたら
今回が一番良いかもしれないとも、思いました。
この演目は、芝居上手な役者さんがなさるに限りますね。
でも、脇を固める役者さんがたも、相当のキャリアのある方々が
お揃いでしたので、とても後味の良い仕上がりを拝見出来たの
かもしれません。
f0039281_20561951.jpg

f0039281_20565097.jpg

こうして、歌舞伎好きusakoのお芝居見物が、今年も始まりました。
その都度、あーだこーだと長い感想で、お目を穢しますが、
いずれもさまも、まっぴら、御免なさってくだせいまし~ね。



[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/23576914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzu-kinako at 2015-01-21 22:06
ご無沙汰しております。
今日は市役所が優勝報告で賑わったようでした。
知っていたら行ったのにな~~
今年はちょっと歌舞伎のお勉強でも・・・・・と思っってますが耳が遠くても大丈夫?
Commented by mituamikko109 at 2015-01-21 22:58
金閣寺をセリで上げる演出があるんですか?
歌舞伎、わからなくても、ちょっと見てみたいなぁ~と思いました。
↑のきなこママと同じく、難しいセリフわからないけど、字幕とかあるのかな~
Commented by oomimi_usako at 2015-01-22 18:53
☆きなこの母さま、
選手強化を始めたときからの苦労話なども聞いたので、
ほんとうによかったなと思います。
私は、日本橋で旗振りしたかったです~♪
歌舞伎は、いろいろな側面から楽しめます!
デビューお待ちしています!!

おもえるみなさまも、楽しんで居らっしゃるので大丈夫。
Commented by oomimi_usako at 2015-01-22 18:56
☆mikkoさま、
金閣寺が、あがったり~、下がったり~します。
イヤホンガイドとか、端末とか、いろいろありますが、
でも、私は、とにかくご覧いただくのがよいかな~と思います。
最初はなんだかわからなくても、日本語ですもの、
なんとなく、あ~そうなのね~ってわかってくるものです。
mikkoさんなら、南座ですよね。
いいな~、一度行ってみたいと思っています。
Commented by june_h at 2015-01-23 16:53
勘九郎さんの声、ソックリで、私も時々ビックリしちゃいます!
最近、テレビなどで、今の重鎮の方々の若い頃のVTRを見ると、お子さんにソックリ!と思うこともよくありますです。
Commented by oomimi_usako at 2015-01-24 14:58
☆juneさま、
歌舞伎って、
DNAの影響を一番感じるものかも、
しれませんねえ…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2015-01-20 20:49 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)