K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

あのひなは、いま?!

今日、三月三日はひな祭り。
我が家はもちろん、usako実家でも、
例年通りお雛さまにお出ましいただいて、
桃の節句をお祝いしました。

ここに、一枚の写真があります。
f0039281_2225799.jpg

カラーではありますが、発色から見て、
相当(?)ネンキが入った写真であることはどなたの御目にも明らかでしょう。
そう、これは今から〇〇年前の今日、撮影された写真です。

ではみなさまに、ご紹介いたしましょう。

まずは、この年初めてお目見えされたひな一のおふたり。
今も、〇〇年前と変わらぬ、美しいお姿で並んでおられます。
f0039281_22255180.jpg

f0039281_22261451.jpg

お隣のひな二は、ケースの中。
小さいけれど、段飾りの岡山雛は、この時すでに御常連になって30年。
その後、〇〇年をさらに重ねられましたが、
こちらも今も変わらぬ可愛らしさ、ご健在。
f0039281_22264441.jpg

f0039281_2227528.jpg

そして、その下の段のひな三も、
この年、初めてのお目見えのお二人。
こちらも、今もおかわりなく、usako家にてお教室にいらっしゃる皆様に、
愛でていただいております。
f0039281_22272495.jpg

そのお隣、ひな四は、お人形ではありません。
〇〇年前のusakoであります。
9月生まれの初節句ですので、生後五ヶ月と数日め。
こちらも、今も変わらぬ・・・・・?

そうそう、
usako家においでになるお二人には、
f0039281_22274832.jpg

昨晩の宵節句に、お散らし寿司を召し上がっていただきました。
f0039281_2228719.jpg

毎年変わらぬ、桃の節句の風景です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/23740105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wilmslow at 2015-03-04 02:31
おはようございます♪
それぞれのおひな様がとても愛らしいお姿ですね。
ケースの中のお雛様もとても可愛らしく鎮座していますが、もう少し近くで拝顔しとうございます(笑)。

でもなんといっても、一番愛らしいのはひな四でしょう♡
きっと今も変わらず、愛らしいお姿なのでしょうね♪
Commented by 2005-1127 at 2015-03-04 19:20
こんばんは♪
可愛らしいお雛さま、そして美人のひな四さんを
拝見出来てとても嬉しいです??
ちらし寿司も、華やかで美味しそうですね~^^
Commented by suzu-kinako at 2015-03-04 21:06
5ヶ月のusakoちゃん可愛い~~ね。
今年の家は吊るし雛だけ、孫二人はギャングでした。
もうひっぱたり、中に入ったり、クルクルまわしたり、もう!って鬼のようなおばあちゃんは怒ってばかりですよ。
usakoさんちのお雛様も品があって素敵ね。
ご馳走のお散らしも。
Commented by oomimi_usako at 2015-03-05 08:58 x
☆wilmslowさま、
ありがとうございます。
では、ご要望にお応えして、次回はアップを!

ひな四、そうですよ~愛らしさ変わらず、
当時のまま!(のつもり)
Commented by oomimi_usako at 2015-03-05 09:01 x
☆モンスーンさま、
ありがとうございます。
お散らしは、お雛様にお供えする分のつもりで、
少しだけ作りました。
下げたのは、もちろん私が頂きましたけれどv
五ヶ月の女子にしては、髪が少ないでしょう?
現在は、両親には、
“心配したけれど、よくぞここまで…”と
妙なところで安心して貰っております♪
Commented by oomimi_usako at 2015-03-05 09:05 x
☆きなこの母さま、
ちびっこは、まさにギャングですものね。
私たち姉妹も、お雛様でお人形遊びをして、
首を抜いて仕舞ったりしてとても怒られました。
お雛様たちは、そんな試練(?)くぐり抜けて今に至ります。
でも、小さい可愛いものを壊して、ああどうしようと悲しくなって、さらにとても怒られて…
そういう経験が、お雛様を大切にしようと思う気持ちを、養ってくれたのだとも思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2015-03-03 22:23 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(6)