K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

今月の歌舞伎観劇。歌舞伎座芸術祭十月大歌舞伎。

(観劇記録は、またもや長文。平にご容赦くださいまし。)

今月は、二世尾上松緑丈の二十七回忌追善の狂言が、昼夜共に含まれています。
二世尾上松緑丈とは、現在の四世松緑さんのおじいちゃまに当たる方で、
いまの市川海老蔵さんのおじいちゃまである十一代目市川團十郎と、
いまの市川染五郎さんのおじいちゃまである初代松本白鸚とは、三人の兄弟。
体格が良く、お声も太く大きく、勇壮なお役が似合う方でした。
いまの松緑丈とは、ちょっと違うタイプです。
f0039281_22495725.jpg

演目のラインナップは、
一、音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)
二、歌舞伎十八番 矢の根(やのね)
三、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
四、人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)
となっていて、このうち、二と四が、追善狂言になっています。

まず、音羽嶽だんまり。
綺麗な若手役者さんたちを揃えての、ビジュアル重視の演目です。
型やお衣裳に決まりがありますが、これは四の五の言わずに、うっとり眺めれば良いもの。
近頃私が、たいそう贔屓に思う尾上右近ちゃんがご登場なので、うっとり楽しませていただきました。

次は、矢の根。
歌舞伎十八番のうちの一つで、荒事と呼ばれるその典型です。
曽我五郎時致(そがのごろうときむね)が主人公の、いわゆる曽我物と言われるものの一つ。
通常は、お正月狂言として利用されるものですので、紅白梅、宝船の絵、初夢など初春狂言の材料が並びます。
今回は、二世松緑丈が得意とした荒事のお芝居ということで、季節外れもまたよし。
ラストシーンなどは、お大根を振り上げ、御馬にのって花道を退場するちょっと面白い演目です。

曽我五郎時致は四世松緑丈が演じます。
お孫さんだからといって、おじいちゃまが得意な役がぴったりハマるというわけでもありませんが、大御所のみなさまご出演で格調の高いなか、松緑丈、ご自分なりの曽我の五郎で、頑張っておられました。
f0039281_22502144.jpg

三番目は、一條大蔵譚。
お話は、“平家にあらずんば人にあらず”の時代。
かつて尾張の辺りで裏切りによって殺された源義朝の妻であった、常盤御前を娶ったのが一條大蔵卿。
この方、側近も含めて周囲の人々には、“のっそり”と言われています。
のっそりとは、当時阿呆者のことをそう呼ばわっていました。
ところが、それは周囲を欺く仮の姿。
本性は、賢い賢いお方であったことが判明する経緯を、お芝居に仕立ています。
一條大蔵卿を片岡仁左衛門丈。
阿呆はフリだけなので、あとでキリリっとなるその対照が、仁左衛門さまならではで、ちょっと楽しくなります。
なんだか私には、大河ドラマ篤姫で、堺雅人くん演じた徳川家定公とダブって見えました。
菊之助丈、孝太郎丈も、きっちりお芝居なさるので、舞台がとても締まって見えます。
常盤御前は時蔵丈で、ただ儚げなだけではない力強さを感じました。
f0039281_22504522.jpg

最後は、人情噺文七元結。
これは、世話物と呼ばれるお芝居。
江戸の町人の暮らしの中に展開されるお話を、描いたものです。
時代ものとは全く違うこちらの主人公左官の長兵衛も、実は、二世松緑丈が得意としたお役でした。
明治35年、当時の名人噺家三遊亭円朝の人情噺を劇化して、歌舞伎座で上演したのが最初です。
初演したのが、五世尾上菊五郎だったので、以来音羽屋で受け継いでいるのですが、五世の子、六世尾上菊五郎と、師弟関係にあった二世松緑丈も当然そのお役をなさいました。

坂東玉三郎さまは、角海老という吉原の妓楼の女将役。
姫も良いけれど、こういう役もとてもお似合い。
音羽屋なので菊五郎丈が長兵衛役で、台詞、雰囲気何をとっても、これまた良かったですねえ。
そのお内儀を時蔵丈ですが、この方も、ぴったりはまっていて、前の演目の常盤御前との180度の変わりようが流石だと思いました。
そして尾上右近ちゃんは、長兵衛の、親孝行娘のお久で登場。
白塗りでなくても綺麗だし、お芝居も巧いのです。
尾上右近ちゃんのお父さまは、いま清元で謡っておられる七世清元延寿大夫さんで、この方もお若い頃、歌舞伎役者として舞台に立っていらしたことがあって、そのころのご様子とそっくり。
拝見していると、なんだか嬉しくなります、私、延寿大夫さんもファンなので。
なんといっても、六世尾上菊五郎の曾孫さんですから、DNAのなせる業は大きいようです。
お久が長兵衛父さんに更生を願うシーンでの“おとっつあん・・・”という優しい呼び掛けに、心動かされるお客さまが多いようで、ハンカチで涙をぬぐう様子が、客席のあちこちにみえました。
(二階桟敷席からの観劇なので、お客さまの動向が良く見えて興味深いのです)

今月も楽しい観劇が出来ました。
11月は御休みして、12月悩み中です。
f0039281_22534468.jpg




[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/24561544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by june_h at 2015-10-12 15:33
文七元結は菊五郎さんと玉サマだったのですね!
この演目、有名な話で、筋も知っていますけど、私はまだ歌舞伎でも落語でも体験していません。いつかどちらも体験したいと思っております(^^)
Commented by ぷう at 2015-10-13 13:19 x
usakoさま、こんにちは。
今月は、てっきり夜の部をご観劇かとばかり思っていました。
阿古屋なので・・・。
Commented by oomimi_usako at 2015-10-13 20:54 x
☆june_hさま、
今月は、この組み合わせなのです。
まだご覧になっていらっしゃらないのですね。
それではそれでは、歌舞伎はやっぱり正統派ということで、菊五郎さんの時に是非一度!!
私は落語の方、未体験ですので、機会があれば、トライしたいと思っています。落語は、ここ数年ずっと興味があるのですが、なかなか観に行く機会が作れません。
Commented by oomimi_usako at 2015-10-13 20:57 x
☆ぷうさまは、私の玉さま好きを御存知なので、きっとそう思われたのでしょうねぇ。阿古屋はもう何度か見ているので、今回はお顔ぶれに惹かれて昼の部にしました。
ぷうさまは、今月はいらっしゃいますか?
夜の部にいらしたら、ご感想教えてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2015-10-11 22:40 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)