出水酒造 九州限定本格芋焼酎 ″出水は鶴之里”@usako庵



美味しい御酒と御肴をゆっくり楽しむのには、“翌日もお休み”という日が最適。

それゆえ我が家では、どこかへ出向くにしても、おうちで楽しむにしても、
土曜日の夜に宴を催すことがほとんどです。

しかしながら、大型連休。
“翌日もお休み”という日が、つらつら、つらつら連なって、
我が家では、行楽日和ならぬ宴日和。

それでは、ある日のusako庵を覗いてみましょう。

f0039281_17302750.jpg
本日の御酒は、“九州限定本格芋焼酎 出水は鶴之里”出水酒造(鹿児島県出水市)です。
こちら東京では、なかなかお目にかかれません貴重な芋焼酎です。
買い求めた時に、かの新横綱稀勢の里(今場所はどうでしょう)が土俵入りを奉納した際に配られたという、記念ラベルのボトルも頂きました。
f0039281_17304937.jpg
芋焼酎独特の重厚な香りの後に、旨みが軽やかに抜けていくそんなお味の美味しい御酒です。
本来の飲み方である常温の水割りが、一番合います。

そんな美味しい鹿児島産の御酒には、やはり鹿児島所縁の御肴を合わせます。
まずは、かつおのお刺身。
サクで購入してお造りにしますので、厚みは我が家サイズです。

f0039281_17313119.jpg
少々こんがり度が高くなりましたが、自家製塩麹漬け六白豚ひれ肉を焼いたもの。
f0039281_17313987.jpg
生桜海老もたっぷり。
おろした生姜と、九州の甘露醤油でいただきます。
f0039281_17314793.jpg

そして、ふっくら茹であげた、そら豆。

f0039281_17325664.jpg
そんなこんなを楽しみながら、
そしてまた、あれやこれやとおしゃべりしながら、
“翌日もお休み”のusako庵に、すっかり長居をしてしまうのでした。
f0039281_17331749.jpg

おまけ。
九州限定のこの焼酎を手に入れたのは、少し前のことでしたが、
その折に、こちらも取り寄せました、屋久島のタンカンです。(現在、旬は過ぎています)

f0039281_17333731.jpg
f0039281_17335122.jpg
私、その甘さとトロリとした感じの美味しさが大好物。
東京では、近年、目にすることも多くなりましたが、それでもなかなか出会えないので、
旬の時期に産地から取り寄せすることにしています。
f0039281_17340210.jpg
もちろん、とっくに食べてしまいましたので、
来年の旬がまた、楽しみです。






[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/27776268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2017-05-03 17:27 | おうちのお食事 | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako