歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部

今月の歌舞伎座は昼夜共に、
万人の知るというものではないにしても、上演頻度の高い演目ばかり。
見逃してなるものか、という意気込みを覚えるものはないけれど、
夜の部の二幕目の、両花道を楽しもうかと出掛けました。

客席に入ると、通常は下手側に一本ある花道が、
左右二本、舞台に向かってまっすぐ白く伸びていました。
これがあると、やはりなんだか少しだけ、いつもと違う気がして、
気持ちが浮き立ちます。


一幕目は、鎌倉三代記(かまくらさんだいき)。

綺麗なお姫様が出てきたり、敵と思えば実は味方というような趣向が歌舞伎らしい、
時代物の義太夫狂言の名作です。
本当は、長いお芝居で、最初から上演して貰わないと、物語の世界観が掴みにくいのですけれどね。
相変わらず唐突な、ひと幕のみの上演です。

安定の幸四郎丈が、全体をキッチリ締めていましす。
雀右衛門丈がかわゆらしい赤姫姿。このお姿がこれほど似合う役者さんは、
玉さまを覗けば(!)他に無し、といつも思います。
松也丈、大河ドラマ出演中なのに、イマイチ拍手少な目。でも頑張ってました。
全体としては、義太夫と、役者さんたちのセリフが、
気持ち良いようにしっくり掛け合わされて、見応えのあるひと幕でした。

f0039281_23135223.jpg
二幕目は、曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)。
通称、御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)。

幕が開くと、華やかな廓風景。
そこへ、両花道から、これまた花のあるカッコイイ役者登場。
上手に水も滴る片岡仁左衛門丈、下手に左団次丈で、見ていて清々しい気分になります。
七五調のセリフも、耳に心地よいのは、作者が河竹黙阿弥だからこそ。
良い役者も揃うので、良いテンポで展開していくお芝居に没頭できました。
さきの雀右衛門丈は、今度は傾城で登場されますが、これまたかわゆらしく素敵でした。
歌六丈、この方が出てくると、舞台から安心感が漂ってくるんですよね、最近特に。
そしてやはり仁左衛門さん、好きだわ~。
そうそう、この日は、仁左衛門さんの奥さまが、ロビーで御贔屓筋へ御挨拶をなさってました。

f0039281_23135969.jpg
三幕目は、一本刀土俵入(いっぽんがたなどひょういり)。
このお芝居などは、今までに一体何度見たことか。
今回の幸四郎丈でも、また、他の役者さんがたでも拝見していますが、
特にこれは新歌舞伎(比較的新しい作品)であるからでしょうか、
役者さんによって、舞台の雰囲気も大きく変わるので、それを見るのが楽しみの一つです。
幸四郎丈の場合は、歌舞伎枠から少しはみ出たようなところが感じられるのが面白いところ。
若手俳優さんたちも、のびのびお出になられていて、気持ちよくまとまった舞台だと感じました。


次回は、三部制の八月を観劇する予定ですが、
第三部の野田版桜の森の満開の下を見るべきか否か、おおいに迷っています!


例えば直近の一本刀土俵入の観劇は。。。




[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/27892459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chee-mama at 2017-06-14 09:50
こんにちは!
先日、歌舞伎とフィギュアのコラボを観にいって
ちゃんと歌舞伎も観にいきたいな~という気持ちになりました。
私のようなフィギュアファンは歌舞伎などの日本伝統文化に
歌舞伎ファンはフィギュアスケートに興味を持つようになったとしたら
あのショーは大成功だったのではと思います。
内容もとても良かったですよ。
歌舞伎ファンの方の中には、代々木体育館の特設リンクであるのもかかわらず、お着物をお召しになっていらして。
さすがだわ~と思ってしまいました。

色々と歌舞伎について教えてくださいね!
笑也さまの色っぽい舞をみたいなあ~と思っています(笑)
Commented by ぷう at 2017-06-15 15:08 x
うさこさん、こんにちは。
最近は、うさこさんの観劇のご報告を読むせいか、
毎月のように歌舞伎座に出掛けているような気分になっています。
本当は、年に一、二回しか参りませんけれど(^^;)
Commented by oomimi_usako at 2017-06-16 15:34
☆chee-mamaさま、こんにちは!
先日のコラボショー、一番驚いたのは、歌舞伎役者さんが歌舞伎の衣裳でスケーティングをなさったらしいということです!
心得のある方もあったようですが、一生懸命“すべる”“止まる”の練習をなさったとかいう後日談を、歌舞伎系のニュースで読みました。
本当に、ご興味を持っていただける良いきっかけづくりになったとしたら、ショーは、大成功!ということになりますね。
笑也丈は、舞踊どころか、滑っていらっしゃらなくても、とにかくお立ちになっているだけで、素敵ですよ~。
Commented by oomimi_usako at 2017-06-16 15:39
☆ぷうさま、こんにちは!
何よりも、毎度毎度のしつこい観劇日記に、お目を通して下さって
本当にありがとうございます。
そのうち、歌舞伎座でお目にかかりましょう~♪
八月は、納涼歌舞伎ですよ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by oomimi_usako | 2017-06-13 23:12 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako