K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2007年10月 北海道発のお野菜で

この日のお夕食のテーブルは北海道祭り(どこかのデパートの催事場みたい??)
f0039281_11444876.jpg

まず一品目は、スチームドベジタブル
先日Oisixから届いた北海道樅の木倶楽部のじゃがいも、かぼちゃ。
それとは別に入手した道産のにんじんとブロッコリー。
これらを丸ごと蒸してから、頂きやすいように、でもちょっと大ぶりにカットして大皿に盛り合わせます。
そのままいただいても美味しいお野菜たちですが、お味のバリエーション用に、ディップソースを二種用意しました。
マヨネーズをベースに、マイユの粒マスタードと、刻んだピクルスと、少量のケチャップを併せたものがひとつ。もうひとつは、ゴルゴンゾーラチーズにミルクを少しずつ加えながら温めのばして、パセリのみじん切りを散らしたものです。
f0039281_114624100.jpgそして、二品目は北海道のスモークサーモンを千鳥酢(ホワイトワインビネガーでない所がポイント!)でマリネして、ケイパーとディルを散らしたもの。
生サーモンですと塩コショウの味付けも必要になりますが、スモークならもうお味がついていますから、上からお酢をふりかけて一晩置いておくだけで良いお味になってくれます。
f0039281_11471810.jpg
f0039281_1148355.jpg
三品目は、樅の木倶楽部のたまねぎを300gどっさり使用したブレヒクーヘンです。
ブレヒクーヘンなるものは、つまりドイツ版ピザのようなものです。
フランスパン用粉と薄力粉を合わせて、イーストで軽く発酵させて作ります。
たまねぎを良く良く炒めたものに、サワークリームベースのソースを混ぜて、それを生地の上に流して焼き上げます。
f0039281_1149185.jpg

あわせた飲み物は、“はこだてわいん”の“ナイアガラしばれづくり”。
北海道余市産の完熟したナイアガラ葡萄を収穫後すぐに冷凍し、果汁成分が凝縮して凍っている部分だけを搾り出して造ったというこの白ワインは、ドイツワインに多いような甘味が特長で、サッパリ美味しくいただけました。

さて食後・・・
血液が消化活動のために殆ど胃に集中している状態のオツムで、ぼーっと思い出したのは、“そういえばちょうど昨年の今ごろ、北海道旅行(函館一日目二日目札幌小樽)をしていたのでした”ということ。
偶然のことながら、もしかすると体内時計が一年後の懐かしさで今日のメニューを呼んだのかも???
なにはともあれ、自分で作っておきながら今日もまた、『あ~美味しかった~!』の自画自賛で締め括られたお夕食となりました。

usakoの補足>
リンクさせて頂いているかなでさんのブログ“Diary”で、中華街で買われたという蒸篭を拝見し、欲しい欲しい・・・と思っているのですが、なかなか中華街に出かける時間がありません。
そんな折、ふと、『私にはラゴスティーナがあるじゃないか!』と気が付いたのです。
イタリアの圧力鍋ラゴスティーナが、一番得意とする技が“蒸し”の作業。
そこで、今日のスチームドベジにはこのラゴスティーナが大活躍してくれました。
かぼちゃ丸ごとでも楽々です。
でもやっぱり蒸篭も欲しいので、早く見に行かなくちゃ!

[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/6518274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rodinyukiko at 2007-10-12 09:36
こんにちは。ディップソースどちらも美味しそうですね!早速まねしてみます。あとブレヒクーヘンって初めて聞きました。クーヘンって焼くっていう意味なのかな?粉の配合って難しいですか?一度焼いてみたいです。
Commented by oomimi_usako at 2007-10-12 15:08
☆rudinyukikoさまこんにちは!レシピがあるわけではないので恐縮ですが、“こんな感じ”でなさってみてください。ブルーチーズ好きには、たまらないはずですよ~♪そしてブレヒクーヘンは、“天板で大きく焼いて切り分けるお菓子”のことです。ドイツではパン屋さんがお菓子も作っていて・・・というようなことは、rudinyukikoさまの方が断然お詳しいと思うので割愛させていただきますが、このブレヒクーヘンは、発酵時間も短いですし、ものすごく簡単なのですよ~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2007-10-08 11:42 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)