K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2008年1月 京都紫野 和久傳 なでしこ

なでしこ”という名前のついた京都紫野和久傳の甘いお菓子の詰め合わせ。
白木の御箱には、愛らしい撫子の絵が描かれています。
お茶の時間に、私愛用の同じ撫子模様のお茶器と並べていただきました。
中には二種類のお砂糖菓子。
f0039281_17462239.jpg

花想い”(右)はカリッとした糖衣に包まれて柔らかな甘味がほんのり美味しいお菓子。
しの”は、“唐納豆のひと粒を、上質のこし餡で包み 和三盆の衣で飾りました。お抹茶やブランデーにもあう「和のトリュフ」です。(和久傳さん同封の御説明書きより)”とある通り、ちょっと楽しい風味と食感のお菓子です。おひねりになっているのも可愛らしい。
f0039281_17471749.jpg

こんな素敵なお年賀を下さったのは、私が“少し年の離れたお姉さま”と慕うマダムYYでした。
『・・・日頃は大きな口ですが、こちらばかりは、ちいちゃいお口でいただきます・・・』と、紅い椿の絵の越前和紙のお葉書でお礼状をしたためたのち、早速頂戴いたしました。

主人にはねぇ、一個ずつしかあげません。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/7213908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by simple_26 at 2008-01-06 19:04
どっかでも聞いたようなセリフですね。
和久傳さんのお菓子お上品で美味しいですものね。
あげるのがもったいのかなぁ。
Commented by coed at 2008-01-06 23:52
困った奥様ですこと!
でも、気持ちはよーくわかります、似た者うさぎですから・・・。
お写真の数から、ご主人には一個ずつですから、私にはぜひ2個ずつくださいませ。
Commented by usayamama at 2008-01-07 21:08
うさこさん、先日は温かいお言葉をありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いします。
それにしても素敵な箱ですね。食べる度にこの箱を手に取って
蓋を開けて・・・。う〜ん優雅だ。
今年のうさこさんも美味しいものに囲まれてますね。
Commented by oomimi_usako at 2008-01-07 22:18
☆simple_26さま、実は私も“どこかで・・・?”と思いながら書いておりました。
あの方(↑)ですよね~!
せっかく私がちいちゃい口でちょっとずつ齧って楽しんでいるのに、主人は(というか男子は大抵)良く見もせずにパクッと食べちゃうのですもの。こういうお菓子はデリカシーを以って楽しんで欲しいのっ!というわけです。
Commented by oomimi_usako at 2008-01-07 22:19
☆coedさま、オホホ日頃同じような行動を取ってしまう私たち・・・。お解りいただけましたよね~!
coedさまにふたっつ、ええ、ええ、差し上げますとも。
・・・でも、こんどね~、うふっ。
Commented by oomimi_usako at 2008-01-07 22:19
☆usayamamaさまようこそお立ち寄りくださいました。昨年から歌舞伎つながりでやり取りをさせていただき始めましたこと、これも何かのご縁と思っております。今年もどうぞどうぞ宜しくお願いいたします。usayamamaさま、少しずつでもどうか元気をお出しになってください。
そしてまた、いろいろブログにお書きになってくださいね。楽しみにしておりますよ~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2008-01-06 17:52 | あまいもの | Trackback | Comments(6)