K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2008年2月 “たなか”の柿の葉寿司と消えた時間

週末、忙しくしていたら、こんどは(先日の差し入れは妹から)実家の両親から陣中見舞い?の差し入れが届きました。
奈良は“たなか”柿の葉寿司です。
これにお吸い物でも添えれば、お食事の支度をする手間が省けるだけでなく、何と言っても大好物なので満足度200%のお食事となりました。
f0039281_17544364.jpg

さて、翌日。。。。
午前中にお掃除やらお洗濯やらのお家の片づけをして、お昼頃から諸々の用事を済ませにあちらやこちらに出かけて・・・などと大体の予定を考えながらも、そうそう忘れずに・・・と、9時頃、母に柿の葉寿司のお礼の電話を掛けました。
もちろん前日の到着時点で一回電話しているのですが、今回は“美味しかった”のご報告。
ところが、ここ数日のあれこれを話す母の勢いは止め処なく。。。(皆様ご経験おありなのでは??)
『腕が痛くなってきたから、もう切るわ~』
という母に、ふと時計を見ると、もう10時
この時間の経過に不穏な気持ちを抱きつつ、どうしても連絡しなければならないことがあったので続けて義母に電話を掛けました。
ああ、またしてもここ数日のあれこれを話す義母の勢いは母にも増して止め処なく。。。
『あら長々とごめんなさいね~』
という義母に、ふと時計を見ると、もう11時
出かける時間が遅くなってしまうので、慌ててお掃除お洗濯を始めたものの、春まだ浅くともお天道様は既に高く・・・すぐにお昼になってしまいました。
私の午前中はいずこへ?と、思いつつ、手早く済まそうといただいたお昼ご飯は、柿の葉寿司の残り。
おかげで、少し時間が繰り上げられました。
これも母の計算のうちだとすると、恐るべし母の勘!
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2008-02-19 18:00 | おうちのお食事 | Comments(0)