K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2008年5月 出雲松江の宴

さてさて、航空便にて松江からひとっ飛び。
我が家にやって来たのは、出雲の地酒ちゃんたちであります。
そんな彼らを美味しく楽しむために欠かせないものは、もちろん同郷出雲のお料理たち
とは言っても、お酒は飛んで来ます(?)が、料亭の料理長や川京(出雲松江の旅第二日目に登場)の楽しいご主人は飛んで来てはくれません。
『ならば!』
と、代わりに奮闘するのは、言わずと知れたusako庵板長usakoでございます。
もちろん、散々美味しいものを食べさせて貰いましたので、その学習成果を“復習”の形でご披露すれば、次回もまた美味なる旅が待っている!と思う下心もございまして・・・。
f0039281_18274242.jpg

まずは、御酒のお披露目から。
揃えたのは、あれこれ試飲をさせていただいた國暉酒造さんのお品。
“あいのゆめ 純米吟醸”
秀逸な香りの美味しいお酒。お口の中でも、喉越しもサラリサラサラ。
“再現版 不昧公 純米”
汁かけ御飯好き、こだわりの多かった不昧公殿に少し近付けました、という後味(どういう?)。
やはり土地のお水の性質なのでしょうか、本当に爽やかなすっきり系が多い松江のお酒です。
“しぼりたて生酒 特別純米”
佐香錦という酒米を使っています。
白身のお魚や貝類が本当に良く合う楚々とした香りとお味です。

そして飛び入り参加(?)は、簸上酒造さんのお酒。
七冠馬 一番人気”
四つの中で少し濃いお味の食材に合わせて、大丈夫なのはこちらです、お酒らしい香りとお味が残りますので。
それでも、ひと山(=中国山地)隔てただけの安芸のお酒とは全然違います。
ましてや、土佐のお酒とは、全く違っていて、本当にびっくりしています。
場所が違うとこんなにお味が変わるのですね。

そして、これらにあわせた松江のお料理“なんちゃって宍道湖八珍←詳細は出雲松江の旅第二日目ご参照ください)”です。
まずは、鱸(すずき)は、神奈川県で水揚げされたものながら、お刺身用を片身ずつを二枚手に入れましたので、奉書焼きは止めてお刺身に。
f0039281_18292626.jpg

こちら左下は、あらめ煮
あらめは、若芽と昆布とヒジキを足して割ったようなものですが、お料理方法はヒジキ煮と同様。
多少固めなので、戻す時間と煮る時間を若干長めに。
f0039281_18301655.jpg

おたすけしじみusako版。
川京さんのメニューの真似っこ。
わが家の近くのスーパーでは、嬉しいことに宍道湖産しじみが手に入ります。
普段のお味噌汁用にはサイズ中を使いますが、今回はサイズ大を入手、それも買い占め状態で。
アサリの酒蒸しの要領で、大粒のしじみの旨みを堪能します。
f0039281_1831669.jpg

ウナギのたたき
ウナギは、宍道湖産では無く浜名湖産。
たたきと申しましても、もちろん生ではございません。
これも川京さんの真似をさせていただきました。
ご主人曰く七種類の薬味を使っているとのこと。
しょうが、にんにく、長ねぎ、山椒、唐辛子少々、・・・と、ここまで来て修行の足りないusako悩む。
そして、胡麻とらっきょう(もちろんみじん切りにて参加)に逃げてみました。
でもお味はかなり近いと思うの!
f0039281_1832970.jpg
少々お野菜が足りないので、和風サラダをひと品。
これは、あちらで見つけた島根の十六(うっぷるい)島の、岩のりで作られたつくだ煮です。
御飯にのせて美味しい、おなじみのものですが、これをベースにして和風ドレッシングを作りました。
それと、水菜と独活と蕪を一緒に和えます。
お肴としても結構なひと品になりました。
f0039281_18325230.jpg

f0039281_1833418.jpg

デザートには、菜種色が可愛らしい松江のお茶菓子と、不昧公好み極上白折茶を。
こうして、美酒を楽しむ宴はお開きとなりました。

翌日・・・
『松江のお酒未だあるから、また食材仕入れて“松江の宴”やらない?』とおっしゃいましたのは、ご主人様。
これは正しく板長usakoのお仕事成功ということ、お気に召しましてなによりです。
ご褒美に、また美味しい旅を期待するusakoでありました。

usako補足>実はこの宴、四月上旬の、とある休日に実施したものです。
とにかく旅行記をまず仕上げたのち、皆様にご覧頂くようにしましょうと、あたためて置きました記事ゆえ、独活なんていうちょっと時季遅れの食材が登場しているのです。悪しからずご容赦ください。

[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/8095667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coed at 2008-05-15 23:40
素晴らしい!
すずきの周りに鎮座されましたお酒!
お料理ももちろんですが、やはりusako庵にはたっぷりの日本酒ですか・・・。
こんなにきっちり復習されてしっかり味を再現なさると、旦那様も美味しい物を沢山食べさせる甲斐もありますよね。
こんなブログ見ちゃったら、我が家のgiveばかりのハズが、気の毒です・(>_<)・。
Commented by oomimi_usako at 2008-05-16 22:15
☆coedさまに指摘していただいて気が付きました。小さい瓶も混ざってはおりますが、720mlの日本酒がゾロゾロ並ぶのはこれ如何に!ですね。盆暮れ正月でもないのに・・・。それも二人家族で・・・。でも好きなんだもぉ~ん♪
coedさまだって、いろいろなさってらしゃるでしょ~?私、存じてますよ!大丈夫大丈夫。
でも、次なる美味しい旅を期待するusakoのように、この記事をハズ殿にご覧に入れて何かを期待されることがcoedさまにはお出来になるということは、羨ましい限りです、うふふ。
Commented by jakky123 at 2008-05-18 00:39
おお!呑んだ事の無い銘柄ばかりだし、美味しそうなお料理の数々、、
usako庵への道順教えて~!!!
ご主人様も家での宴をワクワクしていらっしゃるんでしょうね~!!
usakoさま素敵!(^^)v
Commented by oomimi_usako at 2008-05-18 23:51
☆jakkyさま私は(私も?)食いしん坊なだけでございます。
自分も(自分が?)美味しいものを食べたいので、一生懸命美味しいものを作るのです。
あっそれから、誤解のないように補足させていただきますと、日本酒好きで日々カパカパ呑んでいるように見えるかもしれませんが、普段はまったくいただきません。呑む時ゃ呑むっ!これです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2008-05-15 18:23 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)