2008年11月 歌舞伎座 昼の部

今月の歌舞伎座は、毎年恒例の“吉例顔見世大歌舞伎”。
私も外すことなく毎年観に出かけています。
 2007年の顔見世大歌舞伎は、→こちら
 2006年の顔見世大歌舞伎は、→こちら
f0039281_22401244.jpg

迷わず選んだのは昼の部
四世鶴屋南北作の通し狂言“盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)”がかかるからです。
悪縁、腐れ縁の糸が絡みに絡むストーリーの展開が、好きなお芝居の一つです。
並木五瓶作の“五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)”の少し後に書かれたもので、同じように大坂曽根崎で起きた五人斬り事件の実話を元にしていますが、こちらには背景に忠臣蔵を織り交ぜた鶴屋南北らしいお芝居なのです。
今回は、源五兵衛に片岡仁左衛門丈、小万に中村時蔵丈、笹野屋三五郎は尾上菊五郎丈、その上萬屋錦之助丈もご登場という、“私にとっては”ステキに嬉しい役者揃い。
六七八右衛門の中村歌昇丈も奮闘されていて好演でした。

ところで私の理想を申しませば
優しくて気持ちが弱くてどこかのボンボンという風情ならば、仁左衛門丈におまかせ。
ちょっとワルで粋な旦那風情、真面目に取り組む時には意外にしっかりものというようならば、それは菊五郎丈
そして、根っからの真面目な人、一途に頑張るボンボン育ちの若旦那なら団十郎丈(今月出ていらっしゃいませんが)にお願いしたい。
というわけで、これに萬屋錦之助丈片岡愛之助丈のご出演があれば、迷わず客席の人となるわけです。(なお、坂東玉三郎丈は、別格です)
そうそう、昼の部二幕目は藤十郎丈による伊左衛門で吉田屋です。

f0039281_22412959.jpgusakoのおまけ>
2008年のミキモトのツリーは、こんな感じです。

[PR]
by oomimi_usako | 2008-11-18 22:29 | 歌舞伎やお芝居見物

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako