K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:手芸(刺繍など)( 57 )

洋裁

f0039281_1094539.jpg

usako母マダムチイは洋裁も得意で、
ぴょん子ちゃんと私の子供の頃などは、お揃いのお洋服をたくさん仕立てていました。
お揃いといっても、姉妹全く同じようではなくて、
柄違い、色違い、デザイン違いなど、小技(?)を効かせて仕上げていました。
お出掛けや発表会用などよそいきに限らず、普段着も作ってくれたので、
着るものの多くが母のお手製。
社会人になっても、会社には制服がありませんでしたので、
イメージを伝えて仕立てて貰ったワンピースなどで、お仕事をしていました。
パフスリーブやらウエストギャザーやリボン・・・
未だに抜け出せない私の好きなディテールは、母が得意とする典型的なパターンで、どうやら三つ子の魂なんとやらということなのかもしれません。
f0039281_1095914.jpg

そんなマダムチイも、最近は、目は疲れるわ、肩は凝るわ・・・ということで、
殆ど洋裁はしていません。
“作ろうと思って”買い集めた服地が、たくさん出番待ちをしています。
先日、
“好きなのあったら、あげるわよ~”
と、言われました。
“作ってあげるわよ~”ではなく、“あげるわよ~”です。

いちおう私も、洋裁は、出来ないわけではありません。
家庭科で習っただけですが、専属コーチ(?!)がおりますんで。
それでもまあ、振り返ると、五年に一着位のペース(足掛け五年という意味ではありません、念のため)でしょうか。
f0039281_10101997.jpg

早速、シックなバラ柄の服地を譲り受けてきました。
型紙をとったら、あとは、何も考えずに裁断出来そうに見えた生地でしたが、
並べてみたら、どうやら少し面倒な柄あわせが必要な様子。
完成は、なにやらずっと先のことになるような、
そんな予感がしてなりません。
f0039281_10103480.jpg


本日は美味しいもののお話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

また、イイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-05-17 10:06 | 手芸(刺繍など) | Trackback

ティコージィの変身

f0039281_17185726.jpg

“ちょっと、うさ子ちゃんに頼みたいことがあるのぉ。”
ある日、おねだり上手なマダムチイに、こう言われました。

“やっぱり、うさ子ちゃんが一番良いなあと思ってぇ。”
はいはい、ご依頼は何ですか?

“頂いたティコージィがちょっとお地味なので、刺繍とかしてもっと派手にして。”
それが、こちら。
f0039281_1720131.jpg

これはこれで、シンプルで良いと思いますが、
やはり“可愛い”もの大好きなマダムチイのティコージィにしては
・・・確かにお地味。

“時間がかかっても、待ってるわん。”
とのことでしたので、ゆるゆる構想を練りました。

刺繍を施して、うんと可愛くしたかったのですが、
でもこれは、すでに出来上がっている品物。
中側に糸始末がたくさん出来てしまうのが、悩みどころでした。
そんなある日、
刺繍で出来たお花をたくさん、ちょうど手芸材料をひっくり返していて見つけたのです。
これなら、ひたすらかがって行けば良く、中側に糸は出ません。
技術力も不要。
時間を見つけては、地道にチクチク・・・チクチク・・・。
両面共に、左右対称になるように一つ一つ配置して、
ひたすらかがりました。
f0039281_17212193.jpg

“わぁ、とっても素敵。”
案の定、マダムチイは、とても気に入って大喜びしてくれました。
“でも、なんだかこのお花見覚えがあるんだけど・・・”

実はこのお花、マダムチイが、もう着ないからと私にくれたカーディガンに、施されていた刺繍でした。
そのカーディガンを、私も着なくなって処分する時に、
素敵な刺繍だったので、すべてほどいて外し、取って置いたものだったのです。

ポイポイ捨ててすっきりするのも良いけれど、
取って置くのが、こうして無駄にならない場合も、
ありますね。

ちなみにこの可愛いティコージィ、
お届けして以来、ちっともお目に掛かりませんので尋ねたところ、
“取ってあるのぉ。もったいなくて使えないから”

取って置くのは良いのか、悪いのか・・・。


usakoのお知らせ>前記事、クールオンフルールのケーキを、
ウーマンエキサイトグルメ“おいしい!”に選んでいただきました。
お腹がすいている時には・・・見ちゃダメよ。



[PR]
by oomimi_usako | 2012-03-06 17:17 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(6)

志村順子先生の押し花展

押し花コラージュの作家でいらっしゃる志村順子先生と、先生主宰のお教室“アトリエ・順子”の生徒さん方の作品展が、銀座清月堂画廊で行われています。
4月の開催予定だった今回の展覧会ですが、震災の影響もご考慮されて半年遅れの開催となったそうです。
f0039281_18484359.jpg

さまざまな植物を“押し”て、それを使って台紙の上にさまざまな情景を描き出す押し花コラージュ。
展覧会は、毎回拝見していますが、今回もまた、先生はじめ生徒さん方の発想とセンスが思う存分発揮された大作がずらりと並び、
最初から最後まで感激しながらの、拝見となりました。
f0039281_1849732.jpg

会期は明日10月9日(最終日なので午後4時半終了)まで。
銀座五丁目コアビル裏の清月堂画廊二階でご覧になれます。
清月堂画廊は、銀座四丁目交差点からすぐですが、
ちょっと雰囲気のある建物です。
f0039281_18491992.jpg


本日はグルメ話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-10-08 18:45 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(2)
本日8月24日から、日本橋の高島屋で、“きらめくビーズの世界展”と題した展示会が開催されます。
f0039281_17482013.jpg

テーマはイギリス。
わが師、二村恵美先生も作品を発表されたり、ワークショップやトークイベントをなさったりと、ご活躍の予定。
今年4月のウイリアム王子のロイヤルウエディングを記念して、二村先生の作られたティアラや、英国王立刺繍学校留学生と修了生のかたによるヘッドアクセサリーなどもご覧になれます。
また、販売コーナーでは、各種キットも販売されるので、この機会にちょっとわが手を染めてみたい~と思われる方は、是非いらしてみたらいかがでしょうか。
会期は9月5日月曜日まで。

私も、星条旗色(?)に染まりつつある気持ちを、ひとときユニオンジャックに差し替えて、拝見しに伺いたいと思っています。

ご参考
二村恵美先生ブログの展示会紹介記事リンクは → こちらや、こちら

本日もお立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-08-24 17:45 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(15)
f0039281_18591747.jpg

先日ようやっと、オールドローズのゴールドワーク刺繍が作品として完成しました。
最終的には、カーブ針を使ってカルトナージュのように縫いながら組み立てて、ニードルブックになりました。
今使っているニードルブックは、ずっと前に作り上げた、トランプ柄のゴールドワーク刺繍で作ったもの。
それゆえ、この新作は、しばらく大事に取っておくことにいたしました。

さて、そうしてこの作品をもって、ゴールドワーク&スタンプワーク刺繍の初級コースが修了しました。
中級へは進まずに、今度は、イギリス刺繍の初級コースを学ぶことにいたします。
f0039281_18593558.jpg

早速スタートしたのは、プレイスマットに仕上げるサンプラー。
ゴールドワークスタンプワーク初級の最後の方の課題に比べたら、もう鼻歌交じりに ーあっ先生に怒られちゃうかもー 取り組めるような技法です・・・いまのところ。
“いま”がいつまで続くかは、定かではありませんけれど。

本日もお立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-06-08 18:54 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(14)

二村恵美先生の刺繍教室

f0039281_21462858.jpg

いつから始めたのかも、忘れそうな位の時間をかけて
ゆっくり取り組んでいた初級最後の作品“テューダーローズのゴールドワーク”。
いよいよあと数日で完成することになりました。

二村先生のところで、ゴールドワーク刺繍とスタンプワーク刺繍のコースを選択して、
今年はもう、いくつ目の春でしょうか。
いよいよこの課題が仕上がったら、中級へは進まずに、
心機一転、
今度はイギリス刺繍の初級に、取り組むことにしています。
f0039281_214714100.jpg

今作っている作品の、仕上げ工程で必要なのがこちら。
釣り針じゃないですよ、カーブ針
刺繍をなさる方にはお馴染みかと思いますが、そうでない方には、
こんな曲がった針は珍しいのではないかと。
普通、針は、刺す布の方が形を変えて曲がってくれます。
でも、曲げることが出来ない、平らなところを刺す時に、この針の曲線が役に立つというわけです。
扱う感覚がちょっと独特なので、
慣れるまで戸惑いますが、
慣れたら、かなり楽しい作業になります。

お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-05-24 21:45 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(10)

通園通学バッグ

f0039281_9282798.jpg

こういうことでもなければ、作ることもなかったでしょうけれど。
財団法人日本手芸普及協会が、なにもなくなってしまった被災地の子供たちのために
募集をしています。

直線裁ちの直線縫い。
ミシンでチャチャッと作れます。
出来ればキャラクターもののほうが、子供たちが喜ぶということらしいので
いつもは通り過ぎるこういう生地の売り場に潜入。
f0039281_928446.jpg

締め切りまで、いくつ作れるかしら?
お役に立てることが、やっと見つかりました。
f0039281_929075.jpg

ウサコです。
あたちには、ちょっと大きいわ。

Thank you for your information, mari-take san !!

お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-04-06 09:25 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(12)
兎年にちなんで、小さな小さな手づくりの
こんな待ち針を手に入れました。
f0039281_11212563.jpg

京都三條で400年の歴史を持つお針屋さん、
三條本家みすや針本舗(福井勝秀商店)のみすや針です。

“京は着倒れ”と言われるとおり、
たくさんのお着物を仕立ててきた京都の地に、
なくてはならない針を、こちらは代々作っていらしたそうです。
1651年に、宮中の御用針司となってから今に至るまで
そのお針屋さんとしての暖簾を守り続けています。
f0039281_11215339.jpg

“みすや”と言うのは屋号です。
針を作る技術は、細かく精巧であったため、
“清め”と“わざの秘術を護る”という意味で、
ずっと御簾の中で行われていた針作り。
そのため、1655年に後西院天皇から賜ったのが
この屋号なのだそうです。

針の良質さは、400年という歴史がまさにその証。
“水、水菜、おんな、染め物、みすや針、お寺、竹の子、うなぎ、まつたけ”
と、京の名物としても歌われて。

そんなお針で、お針仕事をすれば
拙い私の刺繍の手も、
ちょっとは上手になるかもしれません。
f0039281_11221673.jpg

(参考:三條本家みすや針資料)

Special thanks to maritake san !!

本日は美味しいもののお話ではございませんが
年の初めの縁起物。
お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつ
お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-01-05 11:00 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(16)
決して、あなたが嫌いになったわけではないの。
でも、これ以上、私のそばには近づかないで欲しいのです。
だって・・・
だって・・・
f0039281_21355265.jpg

とっても出来が悪いのです~!!!
だから決して近づいて見てはいけません。

二村恵美先生の刺繍教室で、
スタンプワーク&ゴールドワーク初級コースの最後に残されていたのは、
「これは難しいのですよ」
と、二村先生もおっしゃるゴールドワークのテューダーローズでした。
悪戦苦闘して
「うーん、やり直しっ!」
と、先生に申し渡されること数回。
自分でも、“ここはダメだわ”と、わかっちゃいるけれど、
もうそれ以上、如何ともし難い状況。
“先生、ここはもう降参します”
と、白旗を揚げつつ、やっとここまで来ました。
まだ中央部分(宿題)と、茎(芯の縫いつけが宿題)と、葉っぱがこれから。
まあ、年内にはなんとかしたいと思っています。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-10-09 21:34 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(12)
今年再び、英国王立刺繍学校の作品展が開催されます。
私がお世話になっている二村恵美先生が、日本分校の講師をなさっておられますので、そのご縁にて告知をさせていただきます。

日程 8月6日(金)~12日(木)各日11時から19時まで(最終日は16時30分まで)
場所 表参道 北川画廊(前回と同じ場所です)

英国王立刺繍学校本校の講師の方の作品や、刺繍作家トレーシー・フランクリン氏の作品、本校と日本分校の生徒さんの作品、そして、二村恵美先生の作品が、ジャコビアン刺繍、キャンパスワーク、シルクワーク、ゴールドワークなどでご覧になれます。
ご興味のおありになる方は、間近で作品をご覧になれる良い機会ですので、是非お運び下さい。

詳しいことは、下記関連HPをご参照下さい。
二村恵美先生のHPは→こちら
北川画廊のHPは→こちら
英国王立刺繍学校本校のHPは→こちら
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-31 12:00 | 手芸(刺繍など) | Trackback