K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:お気に入りの品々( 96 )

日中、思いのほか暑さが厳しい日もありますが、
朝晩はもう、充分秋の気配のする気温です。

お風呂のあたたかさが恋しい季節には、まだ少し早いけれど、
長く冷房に浸っていた日は、一日の締め括りに、温かいお風呂が必須。
最近、その折のお伴に御同道いただいておりますのが

f0039281_23060100.jpg
クナイプのバスソルトのうち、
パッケージも可愛いローズとカメリアの香りのもの。
その日の気分次第で、香りの強さを調整して、
お風呂でのリラックスタイムをエレガントに(?)楽しんでいます。


もっと秋が深まったら、いつものAYURAにするつもりです。



[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-26 23:01 | お気に入りの品々

柿の絵の描かれた有田の器を使う季節が、
今年も巡ってきました。

食器棚の中の、涼しげなガラスの器をちょっと片づけて、
その空けたスペースに、大小さまざまな柿の器を収めます。

f0039281_22563691.jpg

グランマチャコから譲り受けたこの和食器セットは、
初めは、場所塞ぎかしらとも思えましたが、
四季の巡りは思いのほか早くて、
衣替えのように、秋になるとこの器を出してきては、
楽しんで使っています。




[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-25 23:00 | お気に入りの品々

瀬戸市に本社があるマルミツ陶器から、半年に一度届くカタログ冊子があります。
スタジオМのデプリアント。
届くのが楽しみなカタログなので、拙ブログでも、届いた届いたとそのたびに
しつこく書いてしまいます。

f0039281_22074080.jpg
このカタログの楽しいところは、単なる新作食器の紹介ではない点です。
レシピや、ごちそうが載せられた器が、綺麗な写真でご披露されているので、
見ているだけで楽しくなってしまうというわけなのです。

今号にはまた、とても興味深いことが記載されていました。
マルミツの「食事は楽しい。ほんの少し食器にこだわるともっと楽しくなる。」という
コンセプトに基づいて、そのメッセージを伝えるために新しい施設をオープンするそうです。
東京に。
それも富ヶ谷一丁目に。
いままで、瀬戸にあるたくさんの楽しそうな施設を、
カタログやWebでだけ眺めてきましたので、何やらとても楽しみでなりません。
オープンは2018年1月の予定だそうです。




[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-06 23:00 | お気に入りの品々

使ってみましたら、
馥郁とした香りと白濁のお湯が、
この上もないリラックス気分をもたらしてくれました。

f0039281_15192631.jpg
AYURA(アユーラ)のメディテーションバスα。

初冬には、拙ブログではお馴染みの、
静岡清水から頂戴する、無農薬の花ゆずを湯船に浮かべて、
日々是風邪予防、と決め込んでいましが、
それが底をついてからは、ずっと、この入浴剤のお世話になりました。
冬だけでなく、もちろんこの先もお世話になりそう。
お気に入りの逸品になりそうです。

f0039281_15225129.jpg
こちらは、花ゆずと一緒にお送りいただいた“徳川さん”というおみかんです。
市場に出回る、品種改良が進んだイマドキのみかんとは異なり、
小さくて、種も有って、薄皮も固めです。
f0039281_15230382.jpg
でも、徳川家康公お手植えの木の子孫が実らせた貴重なおみかん。
我が家では、白菜とあわせてサラダにして、ありがたく頂戴しつつ、
これまた今冬の、日々是風邪予防とさせていただきました。

見上げる染井吉野の蕾が、目に見えて成長してきました。
春・・・ですねえ。






[PR]
by oomimi_usako | 2017-03-18 15:17 | お気に入りの品々 | Trackback

お正月に我が家にやってきたホームベーカリー。
その後どうなっているかと申しますと・・・。

f0039281_22490741.jpg
しっかりご活躍あそばされています。

お味の改良については、初窯直後に腕まくりをしたものの、
第二弾を焼く時点で、スキムミルクとお水を、ミルクに変えただけで、
とても美味しくなりました。

f0039281_22493303.jpg
羽根の穴ぼこも、なぜか第二弾からは、さほど大袈裟ではなくなりました。

ドライイーストは赤サフを使い、
お粉は、富澤商店の国産小麦“春よ恋”を使い切り、
今度は、国産“ゆめちからブレンド”を試しています。
お味的には、前者のほうが好み。
自分でブレンドする楽しみもありますしね。


さて。
ただいま、明日の朝食用を焼いています、HBちゃんが、ですが。
今回は、全粒粉入りのパンを作りたくて、初めて国産“春よ恋全粒粉”をブレンドしてみました。
美味しく焼けると良いなあと思いながら、ほのかにあたたかいホームベーカリーを撫で撫でしています。


[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-28 22:45 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(6)

風景に似合うお紅茶

f0039281_7502331.jpg

お菓子教室ご試食のお時間でのひとコマです。

爽やかな初夏のイメージで設えたテーブルのうえでは、
ティーカップ&ソーサーは、ガラスのものを使いました。
そして、その中にあるのはTeaBagです。

普段使いならともかくも、お客様のおもてなしの時に、
堂々とカップの中に入れて、さあどうぞ…とは、
なかなか言えないTeaBag。
f0039281_7505080.jpg

でも、このTeaforte(ティフォルテ)のものは、
そのあまりに可愛らしい意匠で、
テーブルの上の主役にもなり得ます。
f0039281_752341.jpg

お好きなお味やフレーバーを、
それぞれに選んでいただけるのも良いところ。
いつもなら薫り高いお紅茶をいれる白いポットに、
たっぷりのお湯を準備して、
セルフサービスで、お茶を淹れていただいています。

初夏のお教室風景に、
綺麗に馴染むお紅茶です。




                      ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-11 07:42 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(4)

うふふっふ

f0039281_21543627.jpg

みていると思わず私も、
うふふ~と笑顔になってしまう可愛いお雛さま。

立春も間近くなったある日、
お内裏様とご一緒に我が家にお出でになりました。
f0039281_21545635.jpg

愛らしいお召し物に、豊かな表情。
小さな手まりも、台の部分もすべて含めて、
お友だちであるY子おねえさまのお手製です。

お雛さまが屈託のない笑顔で微笑むのとは対照的に、
お内裏さまは、ちょっとおすまし顔。
ーおのこは、すぐ笑ったりしないものであるぞよー
f0039281_21561918.jpg

ーうふふ~あんなこと言っちゃってぇ、
あとで後ろからくすぐっちゃおうっと。
うふふ~ー
f0039281_21571668.jpg

昨日は、実家でお雛さまをお飾りしてきました。
我が家のお雛さまにも、そろそろお出ましいただこうと
思っています。
古参のお二人は、可愛い笑顔のお雛さまをご覧になって、
さて、なんとおっしゃるでしょうか。
f0039281_21573476.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2016-02-11 21:49 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(8)

結婚記念日に。 kawaii

f0039281_1827760.jpg

出雲神話に描かれた、スサノオノミコトと稲田姫の縁結びの物語。
そもそもの発端は、斐伊川の畔を歩いていたスサノオノミコトが、
川を流れてきたお箸を見つけたことから始まるご縁で、
稲田姫と出会うことになりました。
f0039281_18274774.jpg

何年経っても、いい夫婦一歩手前。
それが、私たちの結婚記念日です。
昨日までありがとう、そして今日からもまた、よろしくね。
f0039281_1828950.jpg

今年の結婚記念日には、出雲伝説にあやかって、普段使いのお箸を新調しました。
出雲大社の参道にある老舗のお箸屋さん“ひらの屋”の縁結び箸。
先日の松江旅行の折に、この日のために買い求めてきたものです。

・・・あぁ・・・そうなのです。

実は、松江に一泊の旅をしてきました。
それも、少し前の神無月…あちらでは、神在月の終わりの日に。

とても充実した良い旅でしたが、うまくまとめられなくて、
まだブログにup出来ずにおります。

感慨深く、また情趣にあふれる良い旅をした後というのは、
うんと頑張らないと、なかなかそれをまとめる作業に取り掛かれません。
こころに残る想い出を飽和状態にしておけば、なんとなくその余韻に、
長くひたっていられるような気がしてしまうのです。

まとめて括って、ハイ終了、としてしまうのが、惜しいように感じてしまい、
ついついそのまま飽和させているのは、
二年前の夏のニューヨークの旅、
その秋の姫路城の旅、
それからそれから、昨年の秋の神戸の旅。

未だ余韻を長く楽しんで居るのですが、
記憶力の限界に到達する前に、きちんとまとめないといけないと、
考えているところです。



                           ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-22 18:24 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(20)
金木犀の香りが街いっぱいに漂っています。
それと一緒に、季節の変わり目の気配も漂い始めました。
そろそろ本格的に秋の準備をしなくてはと、
時間を見つけては、身の回りのものの入れ替えもはじめてます。

お洋服におふとん、クッションカバー、それからそれから・・・。
お靴も。
f0039281_23383634.jpg

こちらは、軽井沢の老舗靴屋さん“佐藤シューズ”の夏のお遊び靴。
長く大事に履くキチンとした靴も、もちろんお取り扱いがありますが、
避暑地でひと夏だけ履く、お手頃なお遊び靴もいろいろ置いているお店です。
f0039281_2339460.jpg

可愛いものが見つかるので、昔から毎年覗いては、
こんな感じのお遊び靴を一足ずつ購入。
だいたい1~2年履いて楽しんでいます。

茶色のリボンのウエッジは、一昨年の購入です。
ひと夏だけでダメになるかと思いきや、思いのほか綺麗に今夏も終えられたので、お手入れをして、来年も履くことにしました。
コンビの綺麗な色の靴は、今年見つけたもので、来年活躍してもらう予定です。
f0039281_23393894.jpg

長く大事に履いているバックベルトのシューズや、
淡い色のパンプスも、お手入れを済ませたら箱に収めてクローゼットに。
最古参は、丁寧にお手入れして、大事に大事に履いている、大好きなフェラガモの白いヴァラ。
もう、幾夏になるでしょう?(たぶん15年位?)
このリボンのモチーフは、私にとってのツボ。
歳を重ねても、こんなお靴が似合うひとでいたいのです。

さて、出すものは、こちら。
f0039281_2340473.jpg

描かれている柿の実が、今年も熟して枝からすべて落ちる頃まで、
我が家の食卓を彩ります。
f0039281_2340344.jpg

f0039281_23405244.jpg

この有田焼の和食器は、祖母から譲ってもらいました。
お小皿から中皿大皿、小鉢、飯碗からお茶器に至るまで、
全て揃ったものです。
輪郭に微妙な表情があり、それが可愛くてお気に入り。
f0039281_23411537.jpg

f0039281_23413375.jpg

せっかくなのでお料理教室でも、お越し下さる皆さまに使っていただいています。
仕舞ってある時期の方が長い食器。
使える秋が待ち遠しく、思う存分楽しみたいと思うのです。



[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-26 23:35 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(2)
朝から雨降るある午後に、新宿宿伊勢丹へ出掛けました。
グルグル見始めるとキリがない伊勢丹なので、
一時間半で戻る!と、心に固く誓ってお家の玄関を出ました。
この時点で、目的はひとつ。
お食事をご一緒する方へのお土産に、和久傳のお菓子を購入すること。
f0039281_18223868.jpg

無事、目的は果たせました。
では、目標はというと…。
エスカレーターに乗ったらそれが運の尽き。
際限がなくなるので、決して乗らない、上に行かない。
けれどもしかし、ちょっとだけ、平行移動。
f0039281_18225920.jpg

ここの野菜売り場には、ビオファームまつきのお野菜が入っています。
野菜にこだわるレストランでも、使用されているお野菜で、
濃くて美味しいお味です。
袋の口が麻紐で括られているのも、ちょっと可愛い。
f0039281_18234028.jpg

今回、手に入れたのはノーザンルビーというじゃがいも。
付いている泥を洗い流すと、素敵なルビー色の皮が表れます。
f0039281_1824522.jpg

中は、さつまいものような黄色味を帯びたクリーム色。
f0039281_18242566.jpg

皮つきのまま蒸して、この鮮やかな色合いを楽しみます。
蒸し上がったら、塩コショウ。
オイルと刻んだディルを、振りかけて、
レモンを上からギュっと絞れば、
簡単に、美味しく見目麗しいポテトサラダになります。

そうそう、そして結局目標は、
若干オーバーしつつも、なんとかクリアできました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-17 18:16 | お気に入りの品々 | Trackback