K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:おそとでお食事( 107 )

お友だちのお誕生日イヴを、吉祥寺のブラッセリ―エディブルにてお祝いしました。
f0039281_1794172.jpg

メイン通りから、細い路地に入ったところにあるこちらのお店。
佇まいは、ここだけパリの路地裏の気配を醸し出しています。
店内も、落ち着いた装飾や灯りで、居心地良い空間。
カウンター越しに、きびきびとしたスタッフの方々の動きが垣間見られて、
静かな活気が伝わります。
f0039281_1710483.jpg

f0039281_17125868.jpg

お料理は、コースもありますが、
アラカルトで選び出していくのが楽しいメニュー構成。
f0039281_17104054.jpg

飲み物も、ワインやリキュールなど、好みに合わせての選択肢が多いのが嬉しいお店です。
ふと目に留まってお願いしたシードルが、とても美味しくて気に入りました。
f0039281_17111117.jpg

f0039281_17113081.jpg

デザートが、これまた本格的で、
綺麗に彩られたプレートで登場。

お料理、デザート、そしてサービスと、どれをとっても丁寧なお仕事ぶりに、
“吉祥寺にも、このようなお店があるのね”と感激しつつ、
会はおひらきとなりました。
また、ふらりと行ってみたくなる、そんなお店です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-03-01 17:05 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)
大学時代にお世話になったゼミの、毎年恒例となりました新年会。
今年は、初優勝のお祝いやら、
その他各自のお祝い(=御想像におまかせ)も兼ねての、
いつにもまして賑やかなお集まりになりました。
f0039281_15451516.jpg

教授ご夫妻のお変わりなくお元気なご様子や、
ゼミ同窓生の方々の、ご活躍の様子など伺いながら、
美味しい御酒とお料理を楽しみます。

御酒は、日本酒担当I・M嬢が、今年も絶品をセレクトしてくださいました。
山を制したことに因んで、その名も、
“大山(おおやま)”加藤嘉八郎酒造(山形鶴岡市)の一升瓶二本が鎮座しました。
f0039281_15454412.jpg

一つは、「封印酒」純米吟醸。
日本名門酒会加盟店限定酒で、よくこれが手に入ったと、
みんなで感心しながら頂戴します。
山田錦の磨き40%で、もっとも日本酒らしいお味。

もう一方が、初しぼり生酒。
山形県産酒米である、出羽の里、精米歩合65%。
飲みやすくフルーティな香りの優しい御酒です。
f0039281_15461085.jpg

天領であった鶴岡市大山は、鳥海山や羽黒山、月山、湯殿山といった出羽三山に囲まれて、
山の伏流水や最上川など、良い水に恵まれた米どころ。
土地の恵みを生かした酒造りは、江戸時代から始まって、
広島の西条、神戸の灘、とならんで、東北の灘とも言われていたそうです。

現在でも、蔵元の数は少なくなったものの、毎年二月第二土曜日には、
“大山新酒・酒蔵まつり”など開催されて、
少数先鋭の酒造りが続いている土地柄なのだとか。
訪ねてみたいところが、また一つ増えました。

ちなみに今回頂いたお酒の蔵元は、
熊本城主であった加藤清正公の流れを汲んでいるそうです。

江戸時代初期、幕府にとって邪魔な存在だった
外様大名加藤忠弘(清正嫡男)は、三代将軍家光の跡目騒動に
関わった罪で、鶴岡の酒井家にお預かりの身となりました。
その子女の中から、造り酒屋を営む者があらわれて、
今に至るのだということです。
(加藤嘉八郎酒造 パンフレットより抜粋)

さて、日本酒、ビール、ワイン、の並ぶテーブルには、
もちろん沢山ごちそうも並びました。
f0039281_15465483.jpg

初優勝お祝いに、大きな鯛のお頭が各自半個ずつ振る舞われ、
ローストビーフや、大きな角煮なども用意していただきました。
f0039281_15471659.jpg

綺麗な奉書包の茶巾寿司も、奥さまの丁寧なお仕事。
f0039281_15474568.jpg

そして、おそえもの各種は、拙作。
f0039281_1548258.jpg

f0039281_15484732.jpg

f0039281_1549692.jpg

ここのところ毎年、前年一年間のお料理レッスンにて、
ご好評だったお料理を作って、奥さまのお手伝いをさせていただいています。

今年も一年、みんな元気に過ごして、
来年もまた、同じように、
楽しく集えますようにと願っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-19 15:41 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(0)
長きにわたり、幾度も美味しいお食事をいただきに伺った
タテルヨシノ芝パークホテル店が、閉店することになりました。
芝パークホテルの全面改装を受けての、一時休業かとばかり思っていましたが、
どうやらこれからは、銀座店とパークホテル東京(汐留)の二か所にされるようです。
芝パークホテル店の、落ち着いた雰囲気がとても好きだったので、
大変残念に思います。
f0039281_23515457.jpg

時はだいぶさかのぼり、先月の“いい夫婦の一歩手前の日”。
すなわちそれは、私共の結婚記念日。
満15周年を迎えたこの日に、
芝パークホテルのタテルヨシノへ食べ納めに出掛けました
f0039281_2352327.jpg

f0039281_2352564.jpg

f0039281_23531986.jpg

f0039281_23533688.jpg

希望を言って、選んでいただいたワインは、
殊の外美味しい逸品でした。
f0039281_23541698.jpg

f0039281_23543978.jpg

カリカリに焼いた鱗も、ごちそうになるお魚のひと皿。
f0039281_23573049.jpg

トリュフの効いたプレートは、
リーフが彩りを添えていました。
f0039281_23574763.jpg

f0039281_2358941.jpg

この時期、タテルヨシノお得意のジビエも堪能。
f0039281_23552555.jpg

もちろんチーズも!
f0039281_2359159.jpg

デザートも綺麗。
f0039281_2358502.jpg

f0039281_23594275.jpg

こちらには、いったい何度伺ったことでしょう。
お食事を終え、名残惜しく、お店を後にしました。
f0039281_025032.jpg

もう二度とこちらでお食事をすることはできませんが、
美味しかった記憶と、
一緒に残るその時々の楽しいシーンの記憶は、
折に触れて懐かしく思い出されることと思います。
f0039281_062210.jpg




本日は、お家でのお話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-12-28 23:39 | おそとでお食事 | Trackback
f0039281_1711714.jpg

一年のうち、気候の良い春と秋に、
予定を併せて集うお仲間があります。
必ず第一声をあげてくださるお友だちがあり、
それを合図に、日にちや場所を決めています。
お仲間内のそういう方は本当にありがたい存在だと、つくづく思う今日この頃です。

場所は、いろいろですが、一番多いのがここ、
二子玉川のASOチェレステ

二子玉川高島屋南館の最上階にあるので、
広い広い窓からの眺めもごちそうのうちの一つ。

23区の西の端の方から、東京タワーのある都心部はもちろん、
新宿高層ビルやその北側、
スカイツリーのある東の端の方までも、
ずーっと見渡せる景色に、気持ちも晴れ晴れとして…
食欲も、おしゃべりも、弾みます。
f0039281_1715061.jpg

f0039281_1722371.jpg

秋の食材をふんだんに使った、
秋色もたのしい、お料理をいただきました。
いつもの自家製バターも、ふわふわとろりと美味でした。
f0039281_1724783.jpg

デザートは、おなじみワンプレートの盛り合わせ。
f0039281_1731433.jpg

f0039281_1733617.jpg

f0039281_1744594.jpg

旬の果物に、パートフィロの色づく葉っぱ。
伺うごとに、季節感あふれる演出が楽しみです。

このあと、場所を移して、さらにまた お茶とお菓子をいただきながら、お話。
そして結局、
“続きは、また来春!”と言いつつおひらきになりました。
半年ごとにお目にかかっているというのに、
お話というのは、まったくもって尽きないものなのですねぇ。

本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-31 16:51 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)
f0039281_2211023.jpg

フランス、ニースのレストランKEISUKE MATSUSHIMAで、
一つ星を獲得されているシェフ松嶋啓介氏は、
日本では原宿からほど近い神宮前に、レストランを
ひらいておいでです。
昨年、まだレストランⅠ(アイ)という名前だった時に一度、伺いました。

こちらのレストランのある場所は、
近くの表参道や竹下通りの喧騒からは程遠い、
まるで都会のオアシスのようなところ。

変わりゆく明治通り沿いのこのエリアを、
ずっと昔から見下ろしてきた木々の緑の中で、
お食事をいただけるのがとても気に入って、
お友達を誘って、再びたずねてみました。
f0039281_2214872.jpg

f0039281_2221528.jpg

レストランの名称は、今年の7月に、
ニースのレストランと同名に変えられたようです。
f0039281_2224578.jpg

デザートのサバラン。
上掛け用には、好きな洋酒が選べます。
f0039281_2231382.jpg

f0039281_2234949.jpg

今回も、プレートの上に繰り広げられる食材の秋のドラマを、
目で楽しみ、食べて喜び、すっかり堪能いたしました。
f0039281_2255148.jpg

桜と紅葉の時期には、さらに魅力的な景色と共に、
お食事が楽しめるでしょう。
そんなときにまた、伺ってみたいものだと思いました。

                            


[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-27 21:53 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
午後一番で美容院を予約したので、
ご近所でランチを済ませてから向かうことにしました。
お目当ては、松濤カフェです。
f0039281_23155468.jpg

こちらの名物は、ローストビーフ。
それをたっぷり挟んだサンドイッチは、
ボリューミーですが、満足度の高いメニューです。
ランチメニューもあったので、その中から、
ローストビーフとフレンチトーストのセットを選びました。
具沢山のスープと、食後の飲み物も併せていただけます。
f0039281_2316634.jpg

カフェは、
東急文化村の楽屋口を通り過ぎて、
ぐるりとまわりこんだところにあります。

松濤の邸宅街を抜ける通りに面していて、
店内からは、奥のお席からでも、街路樹の緑が眺められます。
その気持ちの良さが好きで、時々立ち寄るカフェです。

本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-05 23:15 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)
f0039281_10312493.jpg

ほんの一週間前までは、酷暑の日々が続いていた東京地方も、
ここのところ、暑さもひと休み。
喉元過ぎれば・・・とは申しますが、
酷暑の日々は忘れても、
忘れないのは、そんな日々の中の美味しいものの記憶。

先日、暑気払いと銘打って、南麻布のレストランひらまつに、
家族でお食事に出掛けました。

外苑西通りから有栖川公園に向かう通り沿いにあるひらまつは、
お店の入り口に植えられた花々が、涼やかにお客様を迎えてくれます。

一階はウエイティングルームになっていて、
お食事するのは、二階から三階にかけてのフロア。
エレベーターが無いのが少々残念なことですが、
両親には、階段に沿ってかけられた名画をゆっくり眺めながら、
踏破してもらいました。

アミューズから始まる季節のコース。
胡麻と胡桃を使ってチュイールのように焼き上げたものの間に、
フォアグラがサンドされています。
ルッコラとシェーブルとオレンジなどの柑橘類を併せたサラダと一緒に。
f0039281_10311994.jpg

お魚は、愛媛の天然真鯛。
盛られているのは、コンコンブル(=きゅうり)の千切り。
f0039281_10314870.jpg

季節のいろいろなお野菜やきのこと共にいただいたのは、鴨胸肉。
小さいイチジクが可愛い、盛り付けです。
f0039281_1032744.jpg

f0039281_10323957.jpg

( ↑ 手の出演:ぴょんこちゃん)
デザートの前のチーズの時間。
デザートワインと共に、好みのチーズを楽しむ呑んべえ達に混ざって、
“飲まないけれど、チーズだけいただきたいわ~”
というマダムチイのセレクトは、フロマージュブラン。
添えられたおソースをお味見させてもらうのを、うっかり忘れました。
f0039281_10333322.jpg

そしてデザートは、お待ちかね、桃のコンポートのグラニテ添え。
ひらまつの夏のデザートの定番で、
これを目当てに、時季を定めておいでになるかたも多いとか。
f0039281_10344970.jpg

お食後のお飲物と共に、小さいお菓子をつまむ頃には、
すっかり暑さも振り払えて、
残暑の季節に向かうための元気がしっかり、つきました。

おまけ。
f0039281_10351831.jpg

こちら、何に見えますか?
コーヒーシュガーです。
f0039281_10362854.jpg

顆粒の表面張力(?)です!


本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-08-29 10:29 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(10)
f0039281_23363668.jpg

軽井沢でさえ、暑い日が続いています。
でも、そうは言っても、そこは避暑地の軽井沢。
朝晩はやはり、長袖の上着を一枚羽織りたくなる涼しさです。
ある日の朝食。
みんなで、東雲交差点そばのナチュラルカフェイーナに出掛けました。
ちょっと珍しいお味のコーヒーを、選んで飲めるお店です。
f0039281_23311611.jpg

この日は、
早朝から深い霧が、町に降りてきていました。

道すがら、しっとりとした針葉樹の香りに深呼吸したり、
傍らの木々にいくつも掛けられた、霧の芸術作品を鑑賞したり。
f0039281_23323453.jpg

f0039281_23353676.jpg

朝食を摂りに出掛けるだけでも、
楽しみがあちこちに散らばる、避暑地軽井沢です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-07-25 23:26 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
f0039281_1632177.jpg

六月の、とある休日のランチを、白金台のイタリアン、BIFFI Teatoro(ビッフィテアトロ)で楽しみました。
お店は、集まった友人のうちのひとりが選んでくれたところ。
“一度来てみたら、お料理もとても美味しいし、落ち着いた雰囲気も良かったので”
というのが、セレクトした理由とのことでしたが、
まさに、その通りの素敵なお店でした。
f0039281_16324427.jpg

プラチナ通りの街路樹の木陰の奥にお店の入り口があります。
地階にありながら、採光の良い明るい店内。
オープンキッチンという構造も、
そこでお料理されている後藤祐司シェフはじめお料理人の方々の、きびきびした動きも、
明るさをさらに盛り立てているかのようです。
f0039281_1633018.jpg

お料理も、選ぶのが楽しくなるようなメニュー仕立て。
ご説明いただいても、意匠が楽しみで、お料理の登場が待ち遠しく思えます。
f0039281_16331626.jpg

f0039281_16332813.jpg

そうしてお料理が登場すれば、矯めつ眇めつ楽しんでから、
続いてお味もゆっくり堪能。
気になるお隣のプレートに渡す流し目に、
気心の知れた友人たちだからこその、無礼講のお味見も盛んにいたしました。
f0039281_1633454.jpg

f0039281_16335698.jpg

デザートも、数種類の中から、みんなそれぞれ選びました。
f0039281_16341318.jpg

リコッタチーズとピスタチオ、レモンピールのクリーム詰めカンノーロ。
f0039281_1634264.jpg

マンゴーのブディーノとジュレ ココナッツのジェラート。

美味しいお料理に、落ち着いた空間。
集まったのは、全員同い年の友人たちでしたので、
あれやこれやお年頃ならではの話(?)も多く、
思う存分おしゃべりに興じることのできた、ひとときとなりました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-06-11 16:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
お友達と一緒に、
いろいろたくさんおしゃべりをするのは、
とても楽しい。
f0039281_1746314.jpg

そこに、美味しいものがあれば、
なおさら楽しい。
f0039281_17464713.jpg

・・・ということで、
半年ぶりでお目にかかったお友達と伺ったのは、
下高井戸駅から程近いところにある、こじんまりしたビストロ
プティリュタンです。

永井紀之氏のパティスリー“ノリエット”の姉妹店。
美味しくて、細部まで行き届いたお料理を、気軽に楽しむことの出来るお店です。
f0039281_1747484.jpg

期待のデザートも、堪能できました。
私はヌガーグラッセをチョイス。
f0039281_17472243.jpg

f0039281_17473989.jpg

そしてまた、お友達とのお話も、じっくりゆっくり堪能することが出来ました。

ランチタイムには、ガレットもいただけるらしいので、
お昼間にお買い物に出かけたときにでも、
寄ってみたいと思っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-13 09:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)