K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

カテゴリ:おそとでお食事( 107 )

f0039281_18342055.jpg

少し前の、とある週末に、
いつものように予約無しで帝国ホテルの中国料理北京に出掛けましたら、
驚いたことに、
“あいにく満席で・・・お待ちいただいてもご案内出来そうにありません・・・”
と、見事にふられました。
待っても入れないということは、
今まで(=記憶を辿ればここ15年ばかりの間)一度もなかったことで。
夫婦揃ってしばらく呆然としましたが、
これほど流行るなら嬉しいことだと気を取り直し、
同時にリベンジ?を固く誓いました。

さて今回は、前回の反省も踏まえて、
数日前にちゃんと予約のお電話をして伺いました。
f0039281_18345482.jpg

いつものように、美味しいあれこれをいただいて、
〆には、定番のふかひれそばを、仲良く半分こ。
と、そのとき目に入りましたのが、
少し離れたテーブルに運ばれた美味しそうなもの。
巨大なカクテルグラスのようなガラスの器に、
綺麗なオレンジ色が映えていました。

いつものように、北京特製の杏仁豆腐をお願いするつもりでしたが、
“あれ、お願いしますっ!”
運ばれてきたのは、マンゴープリン。
f0039281_18353591.jpg

見目麗しいマンゴーソースに下に、
幸せを感じるようなこっくりしたプリンがひそんでおりました。
思わず、おかわりしたくなる美味しいマンゴープリンでした。
f0039281_18354966.jpg

北京でお食事する時には、
あまり迷わず、“いつものもの”をお願いすることが多かったのですが・・・
次回からは、デザートで、大いに迷うことになりそうです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-31 18:32 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
京橋のイタリアン、リストランテ・フィオレンツィアに伺いました。

少し寒い日でしたが、時間に余裕があったので、
お買い物に立ち寄った日本橋三越本店から、
中央通りをぶらぶらと、お散歩がてら京橋へ。

すっきり綺麗に整備し直された中央通り。
沿道のビルも、建替えが進み、しばらく見ないうちに、
以前とまるで様変わりしていることに、驚きました。

八重洲の交差点あたりで、歩いてきた道を振り返ると、
日本橋までの通りが、まっすぐで綺麗なこと。
ふと、マンハッタンの通りが、直線で美しかったことを思い出しました。

なぜか私はこのような“まっすぐな道”が大好きです。

f0039281_21571326.jpg

さて、初めて伺ったリストランテ・フィオレンツィアは、
落ち着いた白い壁と、高めの天井に、
木のインテリアが落ち着いた雰囲気を醸しているお店でした。
ほぼ満席の店内は、それぞれのテーブルで楽しげにお食事が進んでいるのに
少しも騒々しさがなく、静かに流れるBGMと同じ位、
落ち着いた穏やかな雰囲気が漂っていました。

こだわりのカルボナーラなど、
美味しいお料理を美味しいワインと共に楽しんで、
慌ててデジカメを取り出したのは、デザートの時。
f0039281_21574625.jpg

みかんのソルベに、
ココット型に仕込まれているのは、チーズのデザート。
私が、好きでよく作るものととても良く似ていました。(チーズの種類が違うようです)
f0039281_2158527.jpg

お食事が終わりお店を出てすぐ、
見上げた空に、京橋の新しいビルがそびえていました。
そのときふと、
“街は 急に 空へ 広がってく”
井上陽水の“TOKYO”が浮かびました。
それを、鼻歌交じりに口ずさみながら、地下鉄の入り口へと向かったのでした。
これは決して、ワインを飲み過ぎた・・・というわけではありません、念のため。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-17 21:56 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

横浜あざみ野 うかい亭

f0039281_1636611.jpg

あざみ野のうかい亭にて、お食事会がありました。

お庭には、すでに可憐な春の花が植えられていて、
木(ぼく)の類の芽吹きを、待ちわびているかのようでした。
f0039281_16362184.jpg

お料理は、まずはトリュフの香りのスープからスタートしました。
f0039281_16363781.jpg

続いて前菜は、
鱈を親子で活用(?)したひと皿に、
f0039281_16364983.jpg

ラグビーボールのような形のパイ包み焼き。
f0039281_16365951.jpg

カットしてお顔を見せるフォアグラと、敷かれたソースの良く合うこと。
f0039281_16371416.jpg

f0039281_16372847.jpg

これらを目の前でお料理して仕立ててくださるお魚料理は、
魚介のうまみたっぷりのソース仕立て。
f0039281_1637489.jpg

お肉料理のステーキは、各自好みの焼き加減で仕上げてくださいます。
うかい亭のシェフの皆さまが、
揃って特注されたという切れ味の良い Laguioleライヨールで、
お箸でもいただきやすい大きさにカットされたお肉は、
ほどけるような柔らかさでした。
f0039281_16382750.jpg

今回も、いつもお願いしているシェフのO氏にお料理していただきました。
好機を逃さず、ミニミニお料理教室も。
プロのポイントをいろいろ伺えて、とてもお勉強になりました。
f0039281_16385245.jpg

f0039281_163947.jpg

〆の甲殻類のリゾットは、
ロイヤルコペンハーゲンの珍しいカラーのお皿でいただきました。

お食後は、ティールームに移動してデザートタイムです。
f0039281_16392970.jpg

りんごのフィナンシェと、六種類のグラスデザートは、好きなだけいただけます。
もちろん全種類・・・を、いただける余裕はありましたが、
デザートプレート一枚に、お品良く収まる分だけ頂戴しました~おほほ。
それぞれの季節ごとに、訪れたいあざみ野うかい亭です。


f0039281_16395439.jpg

クリスマスのあざみ野うかい亭は → こちら。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-13 16:28 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

福寿の呑み比べ

毎年恒例のゼミ教授御宅にての新年会。
今年も、賑々しく集まりました。
f0039281_17444248.jpg

今年の御酒は、1751年から続く灘の酒蔵、神戸酒心館の“福寿”三種の呑み比べと相成りました。
お見立ては、これもまた例年通り、御酒セレクトご担当のMs.M。
酒瓶の後ろにちらりと写る和装の方です。
福寿は、一昨年山中教授がノーベル賞を受賞されたときの晩餐会で、振る舞われたお酒。
本当は、旬のうちに・・・とMs.Mが、昨年の新年会用に手配してくださろうとしたのです。
でも、肖ろうとするのは、みな同じということらしく、そのときは入手困難だったのでした。
リベンジ出来た今年は、純米大吟醸・寒造り原酒・しぼりたて純米無濾過原酒の三種類を手配してくださったので、呑ん兵衛はいうに及ばず、下戸な方々までもが、その香りやお味の違いを呑み比べ、ナメ比べ(?)て楽しんだのでした。
お料理は、教授の奥さまがご用意くださって、私も少しお手伝い。
美味しいものいろいろが、綺麗に売り切れになりましたのも、
美味しい御酒のお蔭かと思います。
だって、よーく、ご覧になってください。
並んだ瓶は、ほぼカラです。(もちろん日本酒以外にも、いろいろカラになりました)

毎回各自の近況報告を発表する時間が設けられます。
一年のうちにそれぞれが、良いことそうでないこと、いろいろな出来事に遭遇していましたが、こうしてまた会えることが、何より嬉しい吉例新年会です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-15 17:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
f0039281_15523975.jpg

神宮前の、再開発されたビルの谷間に、
まるで、軽井沢に居るのかと思わせる緑の木立があります。
そして、その木立を抜ける緩やかなスロープの途中にあるのが、
フレンチの、Restrant-I(レストランアイ)です。

先日、お年上の方とのお食事会で伺いました。
デジカメを出すことさえも憚られましたので、
いただいたショップカードのみで、ご勘弁くださいまし。

こちらのお店は、フランスはニースで、ミシュランの星を獲得している松嶋シェフの日本店。
もちろん日本でも星をお持ちです。
お料理は、それはそれは手を尽くした仕上がりで、
ひと品ひと品、思わず感嘆の声があがります。
東京に住んでいると大層手に入れにくい、彩り綺麗な鎌倉野菜も、
ふんだんにいただくことができました。

デザートにお願いした、クレープシュゼットは、
寒い時期なので、ストウブのミニココットで登場。
伺えば、クレープは常にご用意されているメニューで、
かつてクレープ屋さんがたくさんあった、この地原宿に因んでのお品だそうです。

本当に綺麗で美味しいお料理ばかりでしたので、
再訪はぜひとも、気兼ねなくお写真を撮らせて頂けるメンバーで伺いたい・・・と、
オトモダチボシュウチュウで~す。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More  さて、この会食の前に・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-13 15:50 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)
f0039281_18232731.jpg

“久しぶりに会いましょう!”というお声掛けの下に集まって、
ほぼ10年ぶりの会合。
以前は良く集まって、お食事や遊びに出掛けたりしていたメンバーです。
その名も“B型会”。
ご説明申し上げるまでもなく、血液型B型だけの“素敵な”集まりです。

レストランの選定に悩んでいましたら、
“最近モロッコ料理を食べたので、その系統のフレンチはどうか?”
との提案が、メンバーの一人からあり、恵比寿のフレンチアイラを選んだのでした。

・・・B型だけだってちゃんと纏まるのでございますよ。

緑に囲まれたエントランスを入ると、
コロニアル風を意識した内装で、一階がフロア、二階が厨房になっています。
f0039281_18235557.jpg

お料理は、コースをお願いしました。
ランチだからでしょうか、全体的にカジュアルフレンチ風。
モロッコ風メニューも選択肢にありました。
f0039281_18243098.jpg

f0039281_1825413.jpg

f0039281_18251820.jpg

お料理もさることながら、
やはり10年ぶりのあれやこれやのお話が、最高のご馳走。
不思議なことに、以前集まっていた時の延長のように感じられて、
年月のブランクが消えてなくなってしまったように思えたのは、
どうやら、私ばかりではなかったようです。
f0039281_18253734.jpg

二次会のお茶処を探しながら、ガーデンプレイスまでお散歩しましたら、
バカラのゴージャスツリーも飾られて、
あちらはもう、すっかりクリスマスのデコレーションでした。

傾きはじめた陽の光にかわって、
ひとつひとつ輝きだすイルミネーションの光を見ていたら、
ふと、ずっと前にもみんなで、
どこかのイルミネーションを見ていたような記憶がかすめました。
あらあら、これはデジャブかしら・・・。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-11-20 18:21 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)
f0039281_17291324.jpg

そのむかし・・・
お食事会をしましょうとなった時には、
いろいろ調べて開拓した、新しいお店に出掛けるというのが、
つねでした。

しかし・・・
近頃は、調べて開拓するお店と、幾度となく伺ういつものお店が、
ちょうど半々といった感じになってきました。

いつものお店の、いつものお味を、変わらぬ友と楽しむ・・・
そんな落ち着いた雰囲気に憧れる、お年頃なのかもしれませんわ。

二子玉川のASOチェレステは、その“いつものお店”のうちのひとつです。
マメに集合の号令をかけてくれる友のおかげで、
年に二回ほど、古くからの友人たちと会う機会に恵まれます。

同い年の友人達とは、
現時点での最大の関心事、“歳を重ねること”について、
熱く(?)語り合います。
それぞれの周囲に居てくれる、“すでに歳を重ねた方々”の情報を、集め交換して、
自らのゆく道のみちしるべを探すのです。
f0039281_17295385.jpg

今回も、得るところ多く、お話は大いに盛り上がり、
ふと気づいたときには、一枚も写真を撮らずに、
デザートまでコースは進んでおりました。

鯛のお出汁の利いた色味もお味も素敵なスープ・・・
ほのかな甘味が美味しいトマトソースのリングィネ・・・
花びらの飾られた季節のお魚料理・・・などは、
残念ながらお目に掛けられませんので、
・・・ご想像にお任せいたします、あしからず。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-10-28 17:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(8)
f0039281_2352541.jpg

杉並永福町に、本格的ナポリピッツァを食べられるお店があります。
イタリアナポリピッツァ協会認定、本格薪窯ナポリピッツァのお店ラ・ピッコラ・タヴォーラ
15年前のオープン以来、界隈では結構有名で、本格ナポリピッツァということにこだわる方はもちろんですが、こだわらない方にとってもとにかくなんだか美味しいピザ屋さん・・・ということで、老若男女に人気のお店です。

店内の石釜で焼かれるピッツアは、外はカリッと中はもっちりしている生地の食感の良さとお味の良さは、ちょっと癖になるほど。
なんでも、生地には、ナポリの多くのピッツェリアが使っているカブート社というところの小麦粉を直輸入して使っているそうです。

今日は、お誕生日イブの祝杯(?)を上げに出かけました。
前菜の五種盛り合わせに、タコとトマトを柔らかく炊き上げたお料理、水牛のモッツァレラであるブッファラを使ったブファリーナというピッツァ、そして、ポルチーニ茸のフェットチーネをいただき、〆のデザートにはレモンのソルベを。
f0039281_2353133.jpg

お食事するのに一生懸命で、本日の写真は、
最後にいただいたカプチーノでご勘弁くださいまし。

永福町には、このほかにもう二軒ナポリピッツァの食べられるお店があり、
ナポリ気分を味わえる(??)ちょっと不思議なエリアになっています。
f0039281_23533943.jpg


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-09-28 23:50 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(8)

鹿児島のかんぱち

f0039281_23555661.jpg

お魚は何でも好きです。
食べ方も、何でも好きですが、
生・・・お刺身で食べるのが、なかでも一番好きです。

先日、新宿のライオン安具楽にて、殿と二人呑み会をしました。(場所がなかなかいいでしょ?)
その時にいただいたお造り。
こちらは、静岡の金目鯛と、鹿児島のかんぱちです。
お魚好き、お刺身好きは殿も一緒ですので、
二人で御酒を楽しむ時の御肴はいつもこんな感じのものを揃えます。
f0039281_23573575.jpg

かんぱちといえば、もちろん天然ものも良いですが、
鹿児島産の養殖ものがなかなかの逸品です。
ちょうど今日のニュースで、最近の高温傾向が、鹿児島のかんぱちの養殖にも影響をあたえていると報道していました。
今までどおりの養殖方法では、やがて漁獲量などにも問題が出てきそうなので、
いまから見直しが必要なのだそうです。
 
かんぱちだけではありません。
大事に育てられた美味しいお魚を、
いつまでも楽しめるにっぽんの食卓であって欲しいと、願ってやまない呑ん兵衛ふたりです。
f0039281_2358860.jpg

安具楽で日本酒をお願いすると、
ちょっと楽しい酒器で供してもらえます。
一升瓶から片口、盃、そして受け皿へ。
注いで頂くあいだ、清冽で美味しそうな流れを眺めるのは、
なんとも楽しい瞬間です。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-09-24 23:50 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)
ある講座で、ご一緒にお勉強している皆様方と、ランチに行きました。
f0039281_23111532.jpg

銀座四丁目のソラリア西鉄ホテル銀座2FにあるレストランFurutoshi(フルトシ)は、
前菜をビュフェ形式で楽しめる、プリフィックスイタリアンランチがいただけます。
f0039281_23193352.jpg

すべてのお料理がビュフェだと、お話したいお集まりではちょっと落ち着きません。
でもこちらのように前菜だけなら、
あれこれ楽しみながら、お好みに合わせてチョイスしてきて、
あとはゆっくりお食事出来るので、一石二鳥といった感じになりましょうか・・・。

私が選んで来た前菜は、こんな感じ。
f0039281_2320263.jpg

そのあと、予め三種類の中から選んだパスタをいただいて、
締めくくりには、プチサイズの可愛いスイーツが、綺麗に配置されたデザートを楽しめます。
f0039281_23202893.jpg

お料理はとても良いお味加減。
私だけでなく、一回りも二回りも先輩の、ベテラン主婦の皆様方が
口を揃えておっしゃるのですから、間違いはありません。

先日は、同期のお友達との、楽しい時間を過ごすことが出来ましたし、
今回は、世代の違うお友達との、すべてのお話がためになるような有意義な時間を過ごすことができました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-09-10 23:07 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(0)