K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今年再び、英国王立刺繍学校の作品展が開催されます。
私がお世話になっている二村恵美先生が、日本分校の講師をなさっておられますので、そのご縁にて告知をさせていただきます。

日程 8月6日(金)~12日(木)各日11時から19時まで(最終日は16時30分まで)
場所 表参道 北川画廊(前回と同じ場所です)

英国王立刺繍学校本校の講師の方の作品や、刺繍作家トレーシー・フランクリン氏の作品、本校と日本分校の生徒さんの作品、そして、二村恵美先生の作品が、ジャコビアン刺繍、キャンパスワーク、シルクワーク、ゴールドワークなどでご覧になれます。
ご興味のおありになる方は、間近で作品をご覧になれる良い機会ですので、是非お運び下さい。

詳しいことは、下記関連HPをご参照下さい。
二村恵美先生のHPは→こちら
北川画廊のHPは→こちら
英国王立刺繍学校本校のHPは→こちら
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-31 12:00 | 手芸(刺繍など) | Trackback
今月は、月の半ばで猛暑に挫け、拙ブログが更新停滞気味になりました。
そのツケが月末(=ここ数日)に廻ってきております。
怒涛のごとく更新してもなお、すでに用意してある7月中の記事が、月内に収まりきらないことになってしまいました。
8月は、真面目に更新いたします。

今回が、軽井沢話の最終回。
ここまで、お付き合いくださいましてありがとうございます、
f0039281_22363867.jpg

軽井沢に別れを告げた気分になるのは、いつもの定点観測写真のこの橋が見えたときです。
このあと、横川SAに寄って横川の釜飯を買うのも、いつものパターン。
もちろん、昨年の空き釜は、きちんと洗って一年保管し、ここに再び返却してきます。
帰路は、関越道がいつものように若干渋滞しましたが(個人的に“謎の花園渋滞”と呼んでいます。なぜいつもあそこで渋滞するのかがとても不思議なのです)概ね順調でした。
そして、その日のお夕食は、恒例の軽井沢反省会。
f0039281_2237084.jpg

帰りがけに寄ったツルヤで、信濃雪鱒のお刺身用柵と、信州サーモンのお刺身を仕入れてきました。
併せて購入した信州産お野菜が付け合せ。
f0039281_22373454.jpg

さらに、“噴火焼酎”なる怪しげなネーミングの米焼酎(たぶん粕取りだと思う)を合わせました。
この焼酎、実はお味も、怪しげでしたの・・・。
f0039281_22375271.jpg

〆のご飯ものは、もちろん横川の釜飯
ゴルフは、もっと練習しなくちゃね・・・
今度こそ、アウトレットに行きたいわ・・・
などなど、再訪に向けての意気込みを熱く語り合う反省会なのでした。

More おまけは、こちら。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-30 22:32 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)
旧軽井沢の中心部へ入り込んでしまうと、
なかなかその姿を見ることが出来ない浅間山も
f0039281_19344693.jpg

クラブを持って走り回るゴルフ場からや、
ツルヤさんに買出しに行く途中には
その綺麗な稜線を眺めることが出来ます。
f0039281_19351321.jpg

R18も、グリーンライン(バイパスのこと)も、
プリンス通りも、本通りも、
たくさんの車が往来していますが、
中にはこんなガッラガラな道もあります。
f0039281_19352636.jpg

毎日午後になるとやってくるスコールを気にしているうちに、
いろいろな雲の姿も見られました。

車窓からチェックするのは風景ばかりではありません
道路沿いの店構え、脇道の奥を指し示す看板なども要チェック。
左目左側担当
右目右側担当
お魚になったわたし・・・というのは、もちろん冗談ですが、
気になったお店はあとから歩いてチェック。

本通りで見つけた(去年は気が付かなかった!)アンティークショップ 、 kino(キノ)は、
ヨーロッパのアンティーク小物を中心にした品揃えで、オーナーの方のセンスの良さがあちらこちらに光るお店です。
usako家のインテリアには、こちらのようなナチュラルウッド系あるいはアイアン系のアンティークものが似合いません。
果たしてそれは、残念なのか、幸いなのか・・・。
いずれにしても、並ぶ品々を拝見しているだけでも嬉しくなってしまう、そんなショップです。
 *写真なしでごめんなさい。 kino(キノ)軽井沢町大字軽井沢480-7 TEL: 0267-41-5046

軽井沢本通りでは、この夏毎週日曜日朝に“Q・Kal Marche”をしています。
キュウ・カル マルシェと読みます・・・すなわち“旧軽市場”、つまり旧軽の朝市
たくさん出店がありましたが、なんとなくセンスの良い感じで惹き寄せられたお店がありました。
商品台の上に飾られた、アーティチョークの大輪の花がとても綺麗でした。
お野菜も美味しそうで、丸ズッキーニと、三色のミニキャロットの束を購入。
f0039281_19392511.jpg

そうしましたら、珍しいブッシュタイプのバジルをおまけで分けてくださいました。
f0039281_1938873.jpg

それを使ったお料理は、また後日UPしますね。
入れていただいたチラシを拝見したら、お店を出していたのは、佐久のアトリエノマドという農家さんでした。
そうそう、マルシェには、“銀亭”も出店していました。
小麦から作っているこだわりのパン屋さんです。

ツルヤさんでは、立派な信州産ブルーベリーがグラム200円で買えましたし、
東京のデパ地下野菜売り場で1個500円以上で売られているこのお野菜も、カリブロッコリーという可愛い名前で、1個199円で買うことが出来ました。
f0039281_19395274.jpg

他にもチェックしたお店は沢山ありました。(いろいろ教えてくださったCさま、ありがとうございました)
でも、避暑モードのせいか、いつもの二倍位ゆっくりと、時間を過ごしてしまい、
なかなか全制覇は叶いませんでした。
アウトレットも、何度も前を素通りしましたが、結局行かれず。 ← だいたい、殿と一緒だとゆっくりお買い物できないしぃ~。
私たちと入れ替わりにあちらに出掛けた両親の滞在中に、日帰りで遊びに行けたらいいのに、などと企んでいます。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、クリック一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-29 19:30 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)
旧軽井沢界隈の、
優しい木洩れ日の注ぐ道や
せせらぎに沿った木立の中の道は、
お散歩していると
気持ちの良い風が追い越して行きます。

でも、
ずっと森の中を歩いていてもツマラナイので ←ハイキング、トレッキング、森ガールには無縁の私であります
美味しいものや、素敵なものを見つけようと、ふと、賑やかなところに出ると・・・
そういう場所は、軽井沢と言えども大抵暑いのです。
日本全国7月とは思えない暑さの続く日々。
ここ軽井沢も例外ではなく、日中の気温が連日三十度近くまで上昇しているのでした。
f0039281_1624178.jpg

そうなると、やっぱりちょっと飲みたくなるのが、ビア~。
旧軽井沢のレストランカフェ キッツビュールにて、ドイツ料理とともに美味しいビールをいただきました。
ベルリン名物甘いシロップ入りのビール、ベルリーナヴァイス(右)は、泡まで美味しいビール。
甘いお酒大好きの私は、すっかりお気に入りになってしまいました。
ビットブルガーは、ジョッキでも、大ジョッキでも頼めます。
それぞれのビールは、ちゃんと“ここまで印”が付いた、それ専用のグラスで出されます。
なんだかドイツの広場のカフェに居るみたい。←酔ってる??
f0039281_163922.jpg

f0039281_1633863.jpg

こちらは、ニュールンベルグ名物ニュールンベルグソーセージ。
ザワークラウトとマスタードと共にいただきます。
f0039281_164127.jpg

こちらのビールは、シュレンケルラ メルツェン ラオホ
南ドイツバンベルグで、燻製にしたモルトで作るビールです。
スモークの香りが、美味しくて、クセになるお味。
ベルリン名物うなぎの燻製を併せて。
f0039281_164368.jpg

f0039281_1645150.jpg

ドイツ風の大きなミートボールは、キューニックスベルガークロップセ。
合わせたケイパーのクリーミーソースが、これまたとても美味しく、パンにつけて完食してしまいました。
そうそう、パンはお変わり自由。
三越で手に入れられる同じくドイツの、ケーファーのパンと良く似ていて、“ヨーロッパの粉のお味”のする ← この感じお解りいただけます?? 美味しいパンでした。
そのほかにも、クワルクのキッシュや、根セロリのサラダなどもいただきましたが、どのお料理もビールに良く合う美味しいお味でした。
デザートに併せて頼んだのは、ケラーヴァイツェン
シャンビアというこちらは、シャンパン酵母で造ったビールです。
華やかな香りとお味が、これまた美味でした。
f0039281_1651724.jpg

美味しいビールの品揃えと、それにマッチした美味しいドイツ料理。
こちら、かなりお勧めのお店です。

お立ち寄りくださいましたお印に
クリック一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-28 16:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
美味しい日本酒とそれに良く合うお品の良いお肴を
軽井沢で楽しめるようになるなんて、昔はあまり考えられませんでした。
飲み処なんて、本当に数少なくて(洋風のお店は結構ありましたけど)、閉店時間も早くてツブシが利かなかったけれど
最近は、人口増加に伴ってか、“何でもあり”の軽井沢になりつつあります。
f0039281_18124026.jpg

ゴルフの打ち上げは、旧軽井沢の川上庵で。
日本酒の種類も豊富でいろいろ呑み比べが出来ます。
f0039281_1813647.jpg

お料理は、お蕎麦が本業。
ですが、自慢のお豆腐や、地のものをメインにしたお肴がいろいろ楽しめます。
f0039281_18132841.jpg

f0039281_18135585.jpg

f0039281_18141431.jpg

こちらのお店、軽井沢が本店ですが、中軽のハルニレテラスや、西麻布、そして青山でも、そのお味を楽しむことが出来ます。
軽井沢は、ちょっと遠いとおっしゃる方は、是非そちらもご利用下さい。
ちなみに日本酒の種類は、本店が一番多いです。

More  そして、ゴルフの方は・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-27 18:07 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)

2010年7月 涼!

f0039281_8215159.jpg

…のはずでしたが、連日日中の気温が30度に届いてしまう、軽井沢です。
東京のアスファルトの照り返しとはまた少し違う、頭上からそそがれるお日さまの光に、高原らしさは感じます。
何らかの日除けは必要ですが、これまた連日、スコールもあるので、晴雨兼用傘があると便利です。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-26 08:21 | 旅とおでかけ
近世戯曲ばっかり読んでいると

駅のホームで六方を踏みそうになるので   ほんまかいな

ちゃんと日本語で現代語で書かれた、ちょっと面白い御本を読みました。
f0039281_856225.jpg

“歌舞伎英雄伝説”利根川裕氏著 講談社
面白いというのは、各章立てとなっている著者の切り口。
歌舞伎のメジャーな作品の、主人公・・・すなわちヒーローを取り上げて書かれているのです。
12人のヒーローについて、彼らが歴史を超えてヒーローと成り得たのは何故か、ということを、氏独自の視点から述べておられます。
著者の、相当重い思い入れが含まれているような気がして、そんなところは微笑ましく拝読しました。
とはいえ、“あの役者さんでなければ、このお芝居は観たくない”なんてことを、いつも思う私。
それは、美化したイメージ通りのヒーローを楽しみたいと思うからこそなのではないかと、やっぱりミーハーな歌舞伎ファンでしかない自分に改めて気が付くのでありました。

More そういえば、私の現代のヒーローちゃんは・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-25 08:30 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)
いつものように朝食を食べている時のことです。
突然、
“食べても宜しいでしょうか?”
と、ウチの殿が申しました。
“食べても・・・って、さっきからバクバク召し上がっているではないですか?”
すると、
彼は黙ってパンのお皿をクルリと・・・
f0039281_923811.jpg

・・・クルリと180度回転させました。
f0039281_925256.jpg

アラ、コンニチハ、じゃなかった、オハヨウゴザイマス。

“食べても宜しいでしょうか?”
と、もう一度ウチの殿が申しましたので、少し考えて言いました。
“宜しいっ!”
すると彼は、さらに180度お皿を回転させると、パンをつまんで
正面からカプカプッと、ふた口。

して、いったいどなただったのでしょう、
お名前を伺うのを忘れてしまいました。

usako補足>パン屋さんで、トンクで無造作に取ったレーズンロールでした。作ったわけでは有りません。
買って来た私も、ずっと気がつきませんでした。
偶然でしょうか?
あるいは、パン屋さんからの、
猛暑お見舞いのおふざけだったりして。

お暑うございます。
皆さまにおかれましても、どうぞくれぐれも御自愛くださいませ。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-23 08:56 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(12)
先週の火曜日の夜。
7時過ぎ頃届いた、ぴょんこちゃんからの一通のメール。
“今日、たれ目くんのドラマがあります”
一瞬、
“?”
と、なりましたが、思い出しました、堺雅人くん主演ドラマが始まったことを。

“毎週何曜日午後何時からの連続ドラマを毎回必ず見る”
ということが、出来たためしが有りません。
なぜか、忘れてしまうのです。
もともとあまりTVを見ないからかもしれません。
夜は大抵、7時のNHKニュースが終わるとパチンと、TVを消してしまうのです。
ちなみに毎日曜欠かさず大河ドラマを見続けているのは、私が見ているのではなく、ウチの殿がフリークだからなのです。
f0039281_18102577.jpg

ぴょんこちゃんのお蔭で、無事第一回目を見ることが出来ました。(妹よ、ありがとう
私の家族の間では、“たれ目くん”と呼ばれている堺雅人くんは、
今回は、現代版必殺仕置き人のような筋立てのドラマでご活躍でした。
しかし、やはり気になるあの前髪。
そのせいで、
憂いを含んだ表情なのか、笑っているのか、泣いているのか、
なんだか良く解らないところが、残念です。
必殺の京本氏や藤田氏のように、表裏それぞれの見事な美しさがいまひとつ感じられないのは、
彼自身のせいなのでしょうか?
それとも脚本のせいなのでしょうか?

まあでも、そんなことは、私にとってはどうでも良いこと。
ストーリーそっちのけで、TV画面と同化しそうなかぶりつき状態で、堺雅人くん堪能中です。
あっそうそう、忘れないために、一応携帯の目覚し機能を利用しております。

usako補足>どうやら撮影は、横浜を中心に行われているようですね。
これは一つ、ウロウロしに行かねばなりません。(もう撮り終わっちゃったかな??)


usako補足その2>もしや私は“たれ目好き?”。
ぴょんこちゃんは、この人のことも、たれ目くんと呼んでいます。


“おウチグルメ”とは、おっそろしい程関係のない内容でございましたが、雅人くんに免じて(?)クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
お手間をおかけいたしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-20 18:00 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(12)
サントリー美術館で開催中(会期は7月25日まで)の展示を見てきました。
国立能楽堂コレクション展 能の雅(エレガンス)狂言の妙(エスプリ)と題して、四半世紀の長きに渡り国立能楽堂が収集してきた能楽関係の資料を公開しているものです。
f0039281_8103096.jpg

能楽、といった場合、そこには“能”と“狂言”が含まれますので、それら双方の、お面やお衣装(装束)、譜面(謡本)、楽器などを見ることが出来ます。
また、能楽の歴史を知ることが出来るような、絵画や文献も併せて見ることが出来ました。
なかでも能装束は特に、見事なものが多くあり、ガラスに鼻をくっつけんばかりの状態でじっくり拝見してきました。

歌舞伎に比べて、観に行く機会が格段に少ない能楽。
その理由は、あの独特の静寂が、どうも不得意だから。
“無音”さえも効果音であるあの演技の空間の中にわが身をおいていると、途中で息が出来なくなってくるのです。
でも・・・
展示を見ながら、
“久し振りにまた、行ってみようかしら?”
という気分になりました。
年の功(?)で、そろそろ能楽も楽しめるようになっていると良いなと思うのです。

お立ち寄りいただきましたおしるしに、クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
お手間をおかけいたしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-19 08:08 | 旅とおでかけ | Trackback(1) | Comments(4)