K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2015年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

名著“日本の面影”は、どなたも一度はお読みになったことがあると思います。
ラフカディオハーン、日本名小泉八雲が、日本の地で見聞きしたこと感じたことを綴った“知られぬ日本の面影”の翻訳版で、以前から広く読まれてきたものです。
私も小学生か中学生の頃に、小泉八雲の著書を翻訳で何篇も読みました。
英語の教科書に載っているものもあって、そちらはちゃんと英文でも読みましたけれど、印象に残ったのは別編“日本の怪談”のほうで、“日本の面影”は、長く記憶の外に置かれていました。

この夏、NHKの番組“100分de名著”で“日本の面影”がテキストとして選ばれ、池田雅之さんという方が、新訳を出されていらしたことを知りました。

翻訳本というのは、訳者の技量で、仕上がりは如何ようにも変わるもの。
その新訳というところに惹かれ、また私自身が、別の訳で読んでからずいぶん時を経たと感じたこともあって、久し振りにまた、読んでみることにしました。
f0039281_14234859.jpg

新編日本の面影 ラフカディオハーン 池田雅之氏訳(角川ソフィア文庫)
および、
新編日本の面影Ⅱ 同上。

明治三十年代頃からの、日本の、自然や人や習慣の美しさを深く愛したラフカディオハーンの気持ちが、しみじみと伝わってきます。
言葉を尽くして伝えられる紀行の記録は、感動的と言っても良いくらいに適切で美しく、その地へ行ってみたい、と心が躍ります。
描かれているのは、たかだか120年ほどの歳月しか経っていない、過去の優しい日本の姿。
しかしそれは、私たちがもう完全に置き忘れてきてしまったものなのではないでしょうか、残念ながら。

主に描かれるのは、小泉八雲として暮らした島根県松江市界隈のこと。
それ以外にも、彼の訪れた鎌倉江の島詣でのお話。
英語教師としての話に、もちろんお得意(?)の幽霊とお化けのお話をちょっと。
そして、夫人である小泉セツ氏の手による“思い出の記”も加えられています。

訳者池田氏は、ダイナミックトランスレーションという翻訳法をとられたそうです。
「あくまでハーンの文学世界を現代の日本の読者にどのように届けるか」(Ⅱ訳者あとがきより抜粋)に、注力されたとのこと。
よみがえったラフカディオハーンの世界に、もう一度ひたれる御本でした。



[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-30 14:21 | 読書 | Trackback | Comments(2)
もなかで有名な、銀座の老舗和菓子屋さん空也。
きっちり詰め込まれたあのもなかのことは、
ふとした瞬間に思い出すと、(何やら急に食べたくなってくるから不思議です。あの時も・・・)
予約するのが当たり前と、御遣い物として重宝されていますが、
いまもそうなのでしょうか。

こちらは、恋しくなったらいつでもいただくことができます、銀座和光の食品売り場で。(定休日にはご注意ください)
空也の五代目、山口彦之氏が監修なさった和光特製のもなかです。
f0039281_1726518.jpg

端正に並んだお箱の中に、もなかの皮と餡がそれそれに入っていて、
自分で組み立てて頂く形になっています。
f0039281_17263071.jpg

和光の和の字が入った、手焼きのもなか皮は、パリッとして香ばしく、
お品の良い甘さの小豆餡との相性ぴったり。
サクッではなく、シャクッ…という歯ごたえに続き、
程よい柔らかさの餡の甘さが、じんわり伝わり、
ああ美味しい、と思わずつぶやいてしまうのです。
f0039281_1728457.jpg

そして、この美味しさは、皮と餡が別包であるからこそ。

①空也五代目さんのもなかだわ!と喜ぶ。
②箱を開ける。
➂小さい箱を開ける。
④もなかを出す。
⑤餡を絞る。
⑥もなかの蓋をする。
⑦食べる。
…と美味しいもののためならば、自らの手間暇を惜しまない、
という方には向きますが、

①空也のもなかだわ!と喜ぶ。
②箱を開ける。
➂摘まむ。
④食べる。
…という従来のfast感を重視する方には、
ちょっと向きませんので、あしからず。



[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-28 17:19 | あまいもの | Trackback | Comments(4)
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の美術展を観に行きました。
〝風景画の誕生”というタイトルが付いた今回の展示。
どのような経緯を辿って、現在、風景画といっているジャンルが出来上がってきたのかを、観て学ぶことが出来ます。
テーマに添って、時系列に並んでいるのは、ウィーン美術史美術館の所蔵品から選ばれた絵画です。
f0039281_2372238.jpg

16世紀初め頃、キリスト教や神話の世界と結びついた絵画の中に、風景が描かれ始めます。
デューラーに、初めの風景画家と呼ばれているのはヨアヒム・パティニール。
1515年頃に、その画家によって描かれた〝聖カタリナの車輪の奇跡”という絵画は、近景や遠景、自然の山や海、都市部の建物、人々の姿に加えて天使も飛んで、なんだか盛り沢山の絵画ですが、でもそこには、当時の人々の暮らしが見て取れるものが書き込まれていて、風景画としての次の展開への伏線が感じられます。

その後、風景画は、月暦画(日本でいう歳時記を絵にしたようなもの)や、
農牧民の生活を主題にした中に、景色として描かれる時代を経て、やがて風景そのものが題材となり、自然やヴェドゥータと呼ばれる都市の景観を、描くものとなりました。

印象に残ったものが、いくつかありました。

まずは、前述のヨアヒム・パティニールの絵画。

それから、著名な画家ヤーコブ・ファン・ロイスダールの、〝渓流のある風景”。
これは、北欧の風景を描いたもので、なるほどそういえばこんな感じねと思えるのです。
でも実際には、ロイスダールは北欧には行っておらず、旅をした人から聞いた内容を描いたとか。
ロイスダールの才能もさることながら、私は、その旅行体験を言葉で伝えた人の才能も、素晴らしかったのではないかと思ってしまうのでした。

アダム・ペイナーケルの〝ディヴォリ付近の風景”。
こちらも空想画で、古代遺跡の風景を描いています。
お天気の良い昼下がり(=これは私の空想)、町のはずれの古代遺跡には人影もなく、〝シーンという音”のするような風景が印象的です。

それからそれから、〝月明かりの下の船のある川の風景”という絵を1665~1670年頃に描いた、アールト・ファン・デル・ネールという画家。
風景画だけでは生活してゆけなかったので、居酒屋さんを営んでいたとかいう、これは絵よりもそのエピソードがなんだかとても今様で、印象に残りました。
f0039281_2391470.jpg

観ていくにあたっては、音声ガイドを借りました。
Bunkamuraザ・ミュージアムの音声ガイドは、俳優さんをナビゲーターに使っていて、ナレーションも聞きやすくて面白いので、こちらで鑑賞する時には大抵、ガイドのお世話になることにしています。

今回のナビゲーターは、榎木孝明氏。
・・・この方の〝お顔立ち”結構好きです、私事ですが。
館内では、絵画の脇に説明書きの掲示されているものももちろんありますが、
そこには書かれていない、さらに興味深いお話が、物静かで落ち着いた榎木氏の語り口で拝聴出来たことも、鑑賞を楽しくしてくれました。

会期は2015年12月7日まで。
そのあと、来年にかけて、静岡県立美術館石橋美術館(久留米市)へと回るようです。

usako補足>会場内ミュージアムショップでは、美術史美術館のあるウィーンにちなんで、
ウイーン菓子店ノイエスの野澤氏のオリジナルクッキー(缶入り)が販売されています。
期間限定で、ここと、赤坂のノイエスだけで手に入るそうです。
どちらかといえば花よりお団子という方は、そちらをメインにお出かけになっても良いかもしれません。



今回は美味しいもののお話ではありませんでしたが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-24 22:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(4)
横浜に出掛けたら、何よりも大事な任務が、私にはあります。
子供の頃からのお馴染みの味を調達すること。
近頃は特に、ネットでお取り寄せし難いものを、優先的に連れ帰ります。

となるとやはりそれは、
ポンパドゥールのチーズバタールを筆頭に、美味しいパンたち。
f0039281_20325658.jpg

そして、喜久家洋菓子舗のフレッシュケーキたち。

嬉しいことに、横浜駅西口には両方のお店が出ていて、
その上それぞれが近所なので、わざわざ元町まで足を延ばす必要がなくて、とても助かります。
こちら喜久家のレモンケーキと、
f0039281_20332125.jpg

レモンパイ。
f0039281_20334139.jpg


勝手に、“喜久家のレモン姉妹”と呼んで、懇意(?)にさせていただいておりますの。
とってもお綺麗で、しかも美味しいこのご姉妹。
f0039281_2034377.jpg

f0039281_20342463.jpg

後ろ姿もキュートでしょ?

ほんのり甘酸っぱいそのお味に、
懐かしい思い出も、
ちらりほらりと浮かんできます。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-21 20:30 | あまいもの | Trackback | Comments(4)
横浜のキハチでお食事会がありましたので、
殿と一緒に出掛けてきました。

時間に遅れないようにと電車の時刻を検索して、
一番早く到着すると出た、湘南新宿ライナーを使うコースを利用。
先日の大人の社会科見学の、ちょうど逆のコースです。

向かい合わせの座席は、プチ旅行気分。
横浜までわずか24分ですが、いつもと少し違う景色を楽しみました。

さて、横浜駅について、ホームに降り立った瞬間、
思わず“あっれー?”と叫んでしまったのが、この景色。
f0039281_23323233.jpg

かつてこのホームからは臨むことがなかった横浜駅西口が、
なんと一望出来るではありませんか。
シェラトンと、横浜高島屋をホームから眺めるのは、大層不思議な気分でした。
早速改札口を出た後、西口広場に出てみました。
f0039281_2333847.jpg

横浜高島屋の正面玄関の前から望む横浜駅は、
反対側の東口のスカイビルまで透き通しで、
なんだかスカスカした妙な感じでした。
これからこの部分に新しいビルが建つのですね。

普段使っている渋谷駅も大工事が行われていて、
少しずつ景色が変わっています。
通りすがりの下北沢駅も、しかり。
横浜駅よ、お前もか…と、感慨深いお出かけになりました。
ここまで、少々ローカルなお話で、東京横浜以外にお住いの方々には、
大変失礼をいたしました。

さて、横浜のキハチでのランチ
f0039281_2333305.jpg

前菜盛り合わせと、里芋のスープ。
f0039281_23335032.jpg

主菜も、お肉とお魚両方を一度に楽しめました。
f0039281_23341110.jpg

デザートも盛り合わせ。
かぼちゃのジェラート、美味でした。
f0039281_23343353.jpg

キハチのお料理は、和風洋風織り交ぜての創作料理。
出汁が利いていたり、ちょっと面白い食材を使ったりしていて、
楽しいお料理でした。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-19 23:30 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)

お芋や栗のあまいもの

秋のお教室では、お約束の季節の美味しい味覚が、
みなさまのお手によって、
さらにさらに、美味しさを増してゆきます。
f0039281_1814236.jpg

f0039281_181444100.jpg

モンブラン口金の絞りに初挑戦した方々もありました。
一個目より二個目、三個目と少しずつコツがわかり、
最後の一つが、どなたも会心の出来になったり。
f0039281_18154328.jpg

f0039281_1816668.jpg

焼き上りが待ち遠しい焼菓子は、
キッチンから漂い出す香りに誘われて、
幾度も自主的にオーブンチェックに立ち上がられる方がいらしたり。
f0039281_1815548.jpg

f0039281_18163667.jpg

f0039281_18165773.jpg

お帰りの電車の中で、お膝に乗せたケーキの、
ほんわりした温かさに癒されたと、メールを下さった方もおいでになりました。

秋のお教室は、まだまだ続きますが、
併せて進めていることがいくつかあります。
恒例のクリスマスコラボレッスンや、クリスマスリース作りの会、
お教室でのクリスマスケーキ作り…などなどの準備。

ふと気を許すと、あっという間に日にちが過ぎて行ってしまうので、
師走に向かって早くも気の急く、神無月です。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-16 18:11 | usakoのお教室 | Trackback

ウエッジウッドのジャム

f0039281_13592678.jpg

ジャムの瓶というものは、
食べてしまったそのあとも、
ついつい取っておきたくなる、
可愛いものが、いろいろあります。

ウエッジウッドは、洋食器だけでなく、
近頃はお紅茶やジャムも出しているもよう。
f0039281_13594727.jpg

ひとめでそれと分かる、ワイルドストロベリーシリーズの
パッケージがとてもラブリーです。

朝食のお伴にあけたのは、
ブルーベリー&ブラックカラント。
f0039281_140524.jpg

軽い酸味と、爽やかな甘さ。
ブルーベリーの実もそのままに楽しめて、
美味しい朝食となりました。

今朝はトーストだったけれど、
焼き立てスコーンに合わせたら、
無敵の朝食になってくれそうです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-14 13:57 | あまいもの | Trackback | Comments(8)
(観劇記録は、またもや長文。平にご容赦くださいまし。)

今月は、二世尾上松緑丈の二十七回忌追善の狂言が、昼夜共に含まれています。
二世尾上松緑丈とは、現在の四世松緑さんのおじいちゃまに当たる方で、
いまの市川海老蔵さんのおじいちゃまである十一代目市川團十郎と、
いまの市川染五郎さんのおじいちゃまである初代松本白鸚とは、三人の兄弟。
体格が良く、お声も太く大きく、勇壮なお役が似合う方でした。
いまの松緑丈とは、ちょっと違うタイプです。
f0039281_22495725.jpg

演目のラインナップは、
一、音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)
二、歌舞伎十八番 矢の根(やのね)
三、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
四、人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)
となっていて、このうち、二と四が、追善狂言になっています。

まず、音羽嶽だんまり。
綺麗な若手役者さんたちを揃えての、ビジュアル重視の演目です。
型やお衣裳に決まりがありますが、これは四の五の言わずに、うっとり眺めれば良いもの。
近頃私が、たいそう贔屓に思う尾上右近ちゃんがご登場なので、うっとり楽しませていただきました。

次は、矢の根。
歌舞伎十八番のうちの一つで、荒事と呼ばれるその典型です。
曽我五郎時致(そがのごろうときむね)が主人公の、いわゆる曽我物と言われるものの一つ。
通常は、お正月狂言として利用されるものですので、紅白梅、宝船の絵、初夢など初春狂言の材料が並びます。
今回は、二世松緑丈が得意とした荒事のお芝居ということで、季節外れもまたよし。
ラストシーンなどは、お大根を振り上げ、御馬にのって花道を退場するちょっと面白い演目です。

曽我五郎時致は四世松緑丈が演じます。
お孫さんだからといって、おじいちゃまが得意な役がぴったりハマるというわけでもありませんが、大御所のみなさまご出演で格調の高いなか、松緑丈、ご自分なりの曽我の五郎で、頑張っておられました。
f0039281_22502144.jpg

三番目は、一條大蔵譚。
お話は、“平家にあらずんば人にあらず”の時代。
かつて尾張の辺りで裏切りによって殺された源義朝の妻であった、常盤御前を娶ったのが一條大蔵卿。
この方、側近も含めて周囲の人々には、“のっそり”と言われています。
のっそりとは、当時阿呆者のことをそう呼ばわっていました。
ところが、それは周囲を欺く仮の姿。
本性は、賢い賢いお方であったことが判明する経緯を、お芝居に仕立ています。
一條大蔵卿を片岡仁左衛門丈。
阿呆はフリだけなので、あとでキリリっとなるその対照が、仁左衛門さまならではで、ちょっと楽しくなります。
なんだか私には、大河ドラマ篤姫で、堺雅人くん演じた徳川家定公とダブって見えました。
菊之助丈、孝太郎丈も、きっちりお芝居なさるので、舞台がとても締まって見えます。
常盤御前は時蔵丈で、ただ儚げなだけではない力強さを感じました。
f0039281_22504522.jpg

最後は、人情噺文七元結。
これは、世話物と呼ばれるお芝居。
江戸の町人の暮らしの中に展開されるお話を、描いたものです。
時代ものとは全く違うこちらの主人公左官の長兵衛も、実は、二世松緑丈が得意としたお役でした。
明治35年、当時の名人噺家三遊亭円朝の人情噺を劇化して、歌舞伎座で上演したのが最初です。
初演したのが、五世尾上菊五郎だったので、以来音羽屋で受け継いでいるのですが、五世の子、六世尾上菊五郎と、師弟関係にあった二世松緑丈も当然そのお役をなさいました。

坂東玉三郎さまは、角海老という吉原の妓楼の女将役。
姫も良いけれど、こういう役もとてもお似合い。
音羽屋なので菊五郎丈が長兵衛役で、台詞、雰囲気何をとっても、これまた良かったですねえ。
そのお内儀を時蔵丈ですが、この方も、ぴったりはまっていて、前の演目の常盤御前との180度の変わりようが流石だと思いました。
そして尾上右近ちゃんは、長兵衛の、親孝行娘のお久で登場。
白塗りでなくても綺麗だし、お芝居も巧いのです。
尾上右近ちゃんのお父さまは、いま清元で謡っておられる七世清元延寿大夫さんで、この方もお若い頃、歌舞伎役者として舞台に立っていらしたことがあって、そのころのご様子とそっくり。
拝見していると、なんだか嬉しくなります、私、延寿大夫さんもファンなので。
なんといっても、六世尾上菊五郎の曾孫さんですから、DNAのなせる業は大きいようです。
お久が長兵衛父さんに更生を願うシーンでの“おとっつあん・・・”という優しい呼び掛けに、心動かされるお客さまが多いようで、ハンカチで涙をぬぐう様子が、客席のあちこちにみえました。
(二階桟敷席からの観劇なので、お客さまの動向が良く見えて興味深いのです)

今月も楽しい観劇が出来ました。
11月は御休みして、12月悩み中です。
f0039281_22534468.jpg




[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-11 22:40 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)
f0039281_22503079.jpg

お天気が良くて気持ちの良い秋の日の午後、
マダムチイと、六本木の東京ミッドタウンガレリアを散策しました。

ミッドタウンは、いくつかの建物から構成されています。
そのうちの主にショッピングゾーンであるガレリアは、中央の大きな吹き抜けが特徴。
広い開口部から、ふんだんに外光も差し込んで、明るい館内が気持ち良いところです。

平日は、特に混雑することも少ないので、
ゆったり散策気分でお店を覗きながら歩くことができます。
この日は、サントリー美術館が休館だったこともあり、
なおさらゆったりと楽しむことが出来ました。

マダムチイのお目当ては、小物類。
こういう場合、私は俄かコンシェルジュと化して、
“こちらのお店はいかがでしょう?”
“あちらと比べてご覧になってはいかがですか?”
“お買い上げのお品は、こちらでお持ちいたします”
などなどと、自分の見たいものには目もくれず、マダムのご案内に注力します。

ひとしきりお買い物をしたあとは、疲れたからお茶にしたいとのご所望。
こちらも筋書通りの展開です。
併設されているリッツカールトンホテルまでは、移動がくたびれると仰せになりますので、
ガレリアをそのまま下がって、アンリルルーへ。
f0039281_22505031.jpg

冒頭のチョコレートのパフェ、パフェグラスC.B.Sをマダムチイが召し上がり、
私は、こちらのケーキを頂きました。
このキラキラした銀粉をまとったケーキは、ガトーショコラです。
f0039281_2251879.jpg

甘いものをいただいてひと休みしたあと、
1Fにある軽井沢ブランジェリー浅野屋の支店で、お馴染みのパンをたくさん買って、まるで軽井沢の避暑帰り気分で、家路につきました。

それにしても、あのように可愛ゆらしいガトーショコラには、
初めてお目にかかりました。
いずれアイディアお借りして、スタイリッシュなガトーショコラを、
お教室でも作りたいと企んでいます。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-08 22:47 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

お菓子レシピ微調整中。

お菓子教室、今季のレシピは、三種類。
すべて、秋らしい素材で作るお菓子です。
そのうち、最上級生のレッスンで作って頂くものを、
先日ご覧いただいた後、いまだ調整中。
f0039281_21224157.jpg

足したり、
引いたり、
置き換えたり。
f0039281_2123583.jpg

お菓子教室のレシピは、
今回のように、微調整を繰り返すときもあれば、
一回の試作で、Fix出来るときもあります。

一度で決まれば、それはそれで嬉しいことですが、
試作品がたくさん出来るのも、これまた嬉しかったりして。

今回、完成したものをひと晩寝かして試食して、
OKでしたらこれにてFix。
準備万端整うことになります。
さて、その結果や如何に!

usako補足>たくさん出来た試作品、責任もってすべて自分で消費しちゃう
・・・わけではありませんよ、念のため。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-05 21:19 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(14)