K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:シアトル ( 24 ) タグの人気記事

“初めての街に行ったら、まず高いところに登れ!”
そうして、その街全体を把握せよ、
というのは、我が家の家訓(=大袈裟)です。

小さい頃から父にそう言われて育ちましたら、
幸い、わが殿も同じでした。

国内旅行なら、目指すは、天守閣。
シアトルなら、ニードルタワー!
と、思っておりましたら、どうやらさらにうわ手な見物が出来る模様。

私の古い友人のパートナーMr.Sは、
生まれも育ちもシアトルという、生粋のシアトルっ子。
彼が、
“晴れた日の夕方に、必ず行くべし(と、英語で言いました)”
と、薦めてくれたのは、コロンビアセンター
f0039281_18353143.jpg

ひときわ高い黒いビル。
ダウンタウンの南の、パイオニアスクエアにそびえる76階建てのオフィスビルです。

パイオニアスクエアは、その名の通り、シアトルの町が出来た最初の場所。
街の成り立ちは、大変興味深い話ですが、長くなるので割愛します。(平にご容赦!)
それに因む地下の遺構を廻る、アンダーグラウンドツアーなどもあるところです。
そして、それとは逆に、
空高くそびえるコロンビアセンターの、73階にある展望室からの眺めは、とても素晴らしいものでした。
夕方5時前でしたが、お日さまはまだ2時位の感じ。
キラキラ光るエリオット湾。
f0039281_18361038.jpg

センチュリーリンクフィールド(手前)とセーフコフィールド。
f0039281_18363175.jpg

マウントレニエ。
f0039281_18365828.jpg

ワシントン湖の対岸の都市は、ベルビューの高層ビル。
ハイテク産業の中心地。
その向こうは、カスケード連山。
f0039281_18372154.jpg

で、真下を見るとこんな感じ。
f0039281_18373767.jpg

そして、こちらの展望室は有料($5か$6位)ですが、
夕方営業終了より少し前に行くと、半額にしてもらえます!

パイオニアスクエアの東(ダウンタウンからは南東)にあるのは、インターナショナルディストリクト。
東洋系アジア系からの移民が多い地区です。
日系の宇和島屋という大きなスーパーがあり、早速探検してみました。
食品、日用品、書籍など、日本でおなじみの大抵のものは、こちらで完璧に揃えることが出来そうです。
やまざきのあんぱん、食べたくなったら、こちらへどうぞ。

アムトラック(Amtrak)のキングストリート駅があるのも、このエリア。
f0039281_18375944.jpg

f0039281_18382090.jpg

バンクーバーまで、3時間位だそうです。
乗ってみたいなあ・・・私は鉄子ではありませんよ。
f0039281_1838327.jpg


さて、そこからグーンと北上して、ニードルタワーから見えたユニオン湖の北東は、ユニバーシティディストリクト。その名の通り、ワシントン大学(University of Washington)と、それに隣接する学生街です。
広大な敷地面積のワシントン大学は、1861年創立された大学。
4万人近くの学生を有しているとても大きな学校です。
f0039281_18443831.jpg

ちなみに、
州立ワシントン大学と、ワシントン州立大学は、まったく別の大学です。
前者がシアトルに有って、 University of Washington(UW)。
後者は、ワシントン州ホイットマン郡プルマンにあって、Washington State University(WSU)です。
f0039281_1845587.jpg

今年は150周年だそうで。
パープル地に、Wの文字には、かなりの親しみ(!)を感じてしまいました。
f0039281_18452345.jpg

アメリカの大学は、それぞれ愛称とマスコットを持っています。
Huskies(ハスキー)と呼ばれるこちらの大学のマスコットは、
f0039281_18453963.jpg

もちろんシベリアンハスキーです。
f0039281_18455576.jpg

卒業生にはそうそうたる名前が並びます。
ブルースリーなども、こちらの大学の卒業生で、
彼が在学中、武道を自主練していた広場(?!)という場所も教えてもらいました。

大学構内にあるバーク博物館。
1885年創設で、アメリカ西部最古の大学博物館です。
太平洋岸の自然史や文化人類学のコレクションを見ることが出来ます。
f0039281_18462087.jpg

シアトルの南東にあるセントへレンズ山が、1980年に噴火した時の、火山灰なども展示されています。
f0039281_18463899.jpg

ちなみに、こちらのサイトでは、セントへレンズ山山頂の様子が、リアルタイムで見られます。→ こちら。
ただし、リアルタイム画像ですので、現地が夜の時間帯にご覧になっても、真っ暗闇でなにもみえません。
シアトルとの時差はサマータイムで16時間(通常17時間)です。

交通機関を使ってもよし、
ちょっと頑張って歩いて回ってもよし。
旅程や目的に合わせて、いろいろに楽しめるシアトル。
それを考えると、やはりお泊りはダウンタウンが便利です。

以上、シアトル街歩き編でした。


[PR]
by oomimi_usako | 2011-08-17 12:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(4)
f0039281_16453057.jpgシアトル中心部は、ダウンタウンを中心にしていくつかのエリアに分類されます。
公共交通機関には、路線バス(メトロバス)、ストリートカー、リンクライトレール(市電みたいなもの)、モノレールなどがあり、それらを活用すれば、各エリアを自由に見て廻ることは、容易に可能です。
中心部は、交通機関無料ゾーンになっています。


ダウンタウンの地下には、トランジットトンネルと言う地下トンネルがあります。
“中央通り”的存在である3rdアベニューの、交通渋滞を緩和させるため、造られたもの。
路線バスと、リンクライトレールのみを通すようになっていて、区間内には5つの駅があります。
駅構内は、とても芸術的な空間です。
f0039281_1646496.jpg

f0039281_16462160.jpg

普通の道を走ってくるバスと、レールの上を走ってくるストリートカーが、一つのトンネルに入ってきます。
そして、同じホームを利用して、到着順に停車して乗客を乗降させます。
ホームに駅員さんは居らず、“臨機応変に上手くやっている”という感じが、なんともアメリカ的でした。

おっと、やはり乗り物系のことになると、語ってしまう傾向がありますね、失礼しました。

ダウンタウンの街並みは、 近代的なビルと、前衛的な建物と、そしてクラシックな建物が混在しています。
今にも倒れそうなラッパ型のビル。
f0039281_1648197.jpg

こちらはクラシックなビル。私好み。
f0039281_16482677.jpg

背の高い街路樹の緑や、あちこちに飾られた寄せ植えがバランスを取って、すべてが綺麗に調和しています。
f0039281_16485655.jpg

シアトル美術館の動く彫刻Hamme Man。
f0039281_16493677.jpg

ずっとハンマーを振り上げ振り下ろし続けています。
消火栓は、形は同じながら、色は黄や緑や紺などいろいろ。
f0039281_16501119.jpg

パーキングメーターの形が面白い
f0039281_16503381.jpg

坂道の上から見えるのは、エリオット湾。
まるで神戸や函館のようです。
f0039281_1651480.jpg

f0039281_16512981.jpg


このエリオット湾を望む地区がウォーターフロントと呼ばれています。
フェリーやクルーズ船のためのピアが60番台まで(もっとあるかもしれません)ずらりと並んでいます。
エリオット湾の夕景。
夕陽に映える山影は、氷河を頂いたオリンピック連山です。
f0039281_16561756.jpg


ウォーターフロントの北側に、この界隈で有名なパイクプレスマーケットという大きな最古の市場があります。
(ココの中身はまた別途)
f0039281_16564090.jpg


こちらはニードルタワー。
f0039281_16574978.jpg

10年前のシアトルの大きな地震でもびくともしなかったというのが、自慢です。
ニードルタワーが立つエリアは、シアトルセンターという地区。
ダウンタウンのウエストレイクステーションから、シアトルセンターモノレール(ちょっとカッコイイサイトです)で、すぐです。
ニードルタワーからの眺め。
エリオット湾と、
f0039281_1705053.jpg

レニエ山も綺麗にみえました。
f0039281_1711988.jpg

ユニオン湖からワシントン大学方面。
f0039281_1722616.jpg

高級住宅地クイーンアン地区。
f0039281_1725442.jpg

シアトルとその周りの様子が360度で眺められます。

シアトルセンターには、ロックミュージックの博物館、エクスペリエンスミュージックプロジェクトあります。
グランジロックってご存知でしょうか?
ニルヴァーナパールジャムなどに代表されるジャンルで、このシアトルから誕生しました。
ジミ・ヘンドリックスの出身地でもあるこの街ならではの博物館では、ギターで作った大きなオブジェが出迎えてくれます。
f0039281_175738.jpg

f0039281_1761769.jpg

f0039281_1752463.jpgそれ系(?)の音楽ファンには垂涎ものの展示です。
でも、実際にアメリカ人は、老いも若きも本当に“それ系”が大好きなようで・・・。
たぶん7,80代であろうお爺ちゃまお婆ちゃま方が、こちらの展示を見に来られていて、展示内の自由に聞けるipodで、ジミヘンのギターの音色を、熱心に楽しんでおられました。
あわせて2012年3月まで、『宇宙空母ギャラクティカ』の特別展示、やら『アバター』の展示やらをやってます・・・なぜか。

というわけで、まだまだ続くシアトルの街歩きは、その2へと続きます。

美味しいもの登場まで、もうちょっとお待ち下さい。

[PR]
by oomimi_usako | 2011-08-16 12:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(10)
シアトルへは、成田発ユナイテッド航空直行便で向かいました。
やはり、乗換えが無いのは、楽です。
午後のうだるような暑さの東京から、一転して20度を下回る程、涼しい・・・いえ寒い位のシアトルには、飛行時間約9時間で、現地時間の朝に到着。
時差は16時間ですが、夫婦揃って時差ぼけ知らずな体質ゆえ、早速行動開始です。
f0039281_97895.jpg

メジャーリーグ(以下MLB)観戦チケットは、代理店を通じて、すでに到着翌日のトロントブルージェイズとの三連戦初日ナイター分を入手していました。(マリナーズの公式HPで直接購入も出来ますが、代理店が抑えた残りしか、買えません)
しかし、到着当日は、人気のレッドソックス戦の三連戦最終日。
機中にて作戦会議の結果、“やはりせっかく行くのだから”ということで
急遽、セーフコフィールドへ出かけることにしました。
マリナーズvsレッドソックス戦の観戦です。

ボックスオフィスでは、残り少ない当日チケットを販売中。
ビューリザーブという$29( 対戦カードによって同じ席でもお値段が変わります )の三階席が取れましたが、席には行かず、見学と観戦を兼ねて、球場内をウロウロ。
f0039281_975891.jpg

人気チームとの日曜日のデーゲーム。
お天気も気持ちよく・・・と来たら、楽しくないはずがありません。
球場内には、子供の遊び場や、ミニ博物館のような展示コーナー、チームグッズを販売するストアやレストラン、バーベキューゾーン(野球は見えない)などまでありますし、もちろんFoodコーナーも充実。
f0039281_981782.jpg

f0039281_983717.jpg

f0039281_985413.jpg

ブルペンには金網さえなく、手の届きそうなところに選手がいます。
親切にも(?)カウンターがついているので、呑み食いしながら、投球練習を見られます。
石釜焼きピッツア、地ビールとの相性はgood。
f0039281_992226.jpg

両チームファンとも入り乱れて、いろいろなところで観戦。
鳴り物はなく、大きな声を出したり、手を叩いたり、踊ったり。
小さい子供も、大きい子供・・・いえ、大人も皆楽しそうで、
それを見ているだけで、こちらも楽しくなってきます。
f0039281_9123124.jpg

イチロー、打ちました!一塁、セーフ!
レッドソックスファン:いまのは、アウトだ!
マリナーズファン  :いやセーフだ!
レ:よし、場内モニターのビデオ判定を見てみよう!・・・あっ、ありゃセーフだ。
マ:だろ~?
レ&マ:いぇ~い!(手に持ったビールで乾杯)

・・・アメリカ人って本当にベースボールが好きなのね。
f0039281_9124864.jpg

この日は、マリナーズの勝利!
イチロー君の勇姿も見られて、大満足の観戦となりました。

翌日はトロントブルージェイズとの三連戦初日。
試合前のカナダ国歌斉唱風景。
f0039281_9131033.jpg

対戦チームが違い、プレイボール時間も異なると、場内の雰囲気は、これまたガラリと変わります。
この日も、マリナーズの勝利!
イチロー君はノーヒットでしたが、フライが得点につながりました。
席は、一塁側、マリナーズベンチ後方ロウワーボックス席($60)。
じっと座っていると少々寒いので(気温は15度位)
時々席を立っては、またしても場内をウロウロ。
マリナーズのマスコット、マリナームースくんと記念撮影をしたり、チームストアに行ってみたり。
f0039281_9134018.jpg

ベースボール観戦では必食、との殿のお達し、ホットドック。
f0039281_914376.jpg

名物スパイシーなポテト。
f0039281_9142261.jpg

f0039281_9143956.jpg

カリフォリニアロール風のichiroll(イチロール)。
決して食べてはいけません、と日本人関係者の弁。
ゆえに写真のみ。
f0039281_9145665.jpg

レモン1個丸ごと入った、レモネード、とても美味でした。

試合終了後、ホテルに帰って、地元TV局(Loot)放映の本日の試合を見て、復習。
なんと、ここで、usako半身が映りました!
アメリカでTVデビューかっ?
しかし、夫婦揃って
“あーっ!あーっ!あーっ!”
と、叫ぶばかりで、記録を残せず。
f0039281_9151651.jpg

まっこと残念なので、そのあとの中継映像を記念撮影。

お昼間、ゲームの始まる前の時間帯に、マリナーズが主催しているフィールドツアーにも参加しました。
球場内部の様々な場所を、解説付きで見せて貰えるツアーです。(以前に参加したヤクルトスワローズの神宮球場フィールドツアーの様子は→ こちら

セーフコフィールドの命名権はセーフコという地元の保険会社ですが、
マリナーズのオーナーは任天堂・・・って御存知ですか?
そのあたりの経緯など詳しいことは、マリナーズHPのセーフコフィールドに関するページをご覧下さい。
日本人選手が多かった時期には、きっとたくさんの日本人が訪れたのでしょう。
球場の案内板が、なにやら読みやすいと思ったら
f0039281_9154174.jpg

日本語でした。

パーティをしながら観戦できるお部屋もたくさんあります。
その中でも一番広いオーナーズルームには、オーナーである任天堂相談役山内溥氏のお写真が飾られていました。
f0039281_9155933.jpg

f0039281_9161260.jpg

記者席にも侵入。
こちらNHKのお席、ちょっと失礼して、座ってみたり。
f0039281_918169.jpg

ツアーでは、グラウンドにも入れて貰えます。
天然芝が綺麗。
f0039281_916334.jpg

セーフコフィールドには、開閉式の屋根がついています。
ですから、雨による試合の中断や中止などがありません。
遠く日本からMLB観戦に来るにはちょうど良く、予定の立てやすいところでもあるのです。
でも、秋から春先が雨季のシアトルですが、ちょうどその時期、MLBはシーズンオフ。
ゆえに昨年も、その開閉式のお屋根がしまったのは、たった9回だったそうです。

マリナーズベンチの中央近くに空いた穴。
f0039281_9165175.jpg

イチロー君がバットを挿して置く穴です。
つまりイチロー君はここに座ります。
木製ベンチが、なんだかよい感じでした。
f0039281_91792.jpg

ところでこちらは、セーフコフィールドのすぐとなりにあるセンチュリーリンクフィールド。
NFLのシアトル・シーホークスの本拠地です。
メジャーリーグはそろそろシーズン終盤ですが、入れ替わるように、アメリカはフットボールシーズンを迎えます。
ひと試合で、6万人以上のファンを動員して盛り上がる大迫力のNFL。
こちらの方もちょっと観戦したかった、小さな心残りのある殿(=実はNFL観戦も好き)でした。

以上、メジャーリーグ堪能編でした。

長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。
記念に(?)クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-08-15 12:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(4)
『そうだ、シアトル行こう!』
例年の、二倍以上の日数でお休みが取れることになった今夏、我が家のMLB好きは、そう思いつきました。
シアトルは、イチロー氏が所属するシアトルマリナーズの本拠地です。
f0039281_1222298.jpg

本場の、メジャーリーグを観戦して、   → メジャーリーグ堪能編は → こちら 
初めての、シアトルの街を楽しんで、   → シアトル街歩き編は → こちら と こちら
美味しい、ノースウエスト料理を堪能して、→ シアトルの美味しいもの編 → こちら と こちら
大人の、社会科見学でお勉強も忘れずに、 → ワシントン州で大人の社会科見学編 → こちら と こちら
そして、旅を彩るあれこれ編は、ステイ先のこと や ちょっとしたハプニング など。 

エメラルドシティシアトルは、まさに宝石のようにキラキラと光りながら、私たちを待っていてくれました。
f0039281_12225797.jpg

usako memo>シアトルはこんなところ。
シアトルは、アメリカ合衆国西海岸北部、カナダとの国境のあるワシントン州キング郡の郡庁所在地(ワシントン州州都はオリンピア)。
北西部最大の都市です。
ワシントン州は、エバーグリーンステートとも呼ばれています。
世界遺産オリンピック国立公園をはじめ、ノースカスケード国立公園、マウントレニエ国立公園、セントへレンズ火山国立公園などを有する緑豊かな地域。
それら豊かな森の緑と、碧のエリオット湾の奥にあるシアトルは、エメラルドシティと呼ばれています。
f0039281_12232119.jpg

都市から近いところに森があるだけでなく、街中にも木々の緑が多いところ。
西側の海だけでなく
東側にはワシントン湖が紺碧の色をたたえ、
白亜にそびえるレニエ山や遠くカナダとの国境の連峰も眺められ、
青空が眩しいほどのお天気の良さも手伝って、
それはそれは美しい街だと思いました。
f0039281_12233858.jpg

ただ、気候がよいのは、春から夏の一定の時期です。
秋から春先までが意外に長い雨季にあたります。
煙るような霧雨が降り、薄暗いお天気が続くそうで、それもまた、シアトルのもう一つの顔。
レイニィシティ(Rainy city)シアトルと言われる由縁なのだそうです。
f0039281_12235212.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2011-08-14 12:00 | 旅とおでかけ | Trackback