K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:レシピ ( 40 ) タグの人気記事

鯛の上の鯛

休日、近所のマーケットで、
丸ごと一尾の美味しそうなお魚を見つけたら、
なるべく我が家に連れて帰ります…理由は、のちほど。
f0039281_1717927.jpg

この日も、大きな真鯛に出会いました。
早速、鮮魚コーナーのお兄さんに鱗をひいてもらいます。
…そうしないと、キッチンはもちろん我が身まで、
ラメを振りかけたように鱗まみれになりますゆえ。
そして、我が家へ御同道。

余分な鰭を切り離し、ハーブとお塩をまぶしてワインを掛けて、
香味野菜と共にホイルを被せて、オーブンで蒸し焼きに。
蒸し上がったら、ホイルを外して、最後に少しだけ焼き上げます。
あまりに簡単な作業ですが、これに、
サラダ、白ワイン、バゲットにチーズが揃えば、
大満足のお家ディナーが整います。
f0039281_17173198.jpg

可愛いミニトングは必需品。
蟹に蟹フォークなら、鯛にミニトング。
各自に配布して、これで上手に身から骨を抜きます。
f0039281_1718062.jpg

f0039281_17182946.jpg

完食!
我が家に、猫はおりません、念のため。
そして、明らかになるお皿の全貌。
そう、お皿も、お魚なのです。
f0039281_1720362.jpg

お気に入りのWMFクロマニョンシリーズのフィッシュサーヴィングプラッター。
のせるなら、やはり丸ごと一尾が似合うでしょうと、
勝手に思っているのです。
それで、このお皿を使うために、
たまに一尾を購入するようにしているというわけです。
f0039281_17212171.jpg

なかなか大柄の、47㎝×19㎝。
クドイようですが、
我が家に、猫はおりません。

おまけ。
f0039281_17214722.jpg

鯛の上の鯛、完食後、
鯛の中の鯛も、無事、捕獲!



 ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-05-16 17:11 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

コールラビ

八百屋さんでも、
マーケットの野菜売り場でも、
今まで目にすることのなかったお野菜に出会える機会が、
ここ何年かでずいぶんと増えました。
f0039281_1573717.jpg

国内の、地域限定で生産消費されていたものが、広く出回るようになったり。
栽培が途絶え、保存されていた種から、復活した伝統野菜もあるようです。
あるいは、日本にはなかった品を、海外から輸入するようになったり、
そういうものを種から日本で育てて、市場に出せるようになったり。

コールラビも、近くのスーパーマーケットで、いつでも手に入るようになりました。
こちらは、神奈川県三浦産。
他にも愛知産などにお目にかかれます。

蕪に似た…でも、それとはちょっと違う歯応えが、
結構好きです。
f0039281_158681.jpg

オイルでソテーして、お塩とホワイトペッパーで調味して、
ドライディルをトッピング。
至極簡単ですが、美味しくいただけます。


本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-11-07 15:05 | おうちのお食事 | Trackback
近所のマーケットで、北海道産のあいなめが出ているのを見つけました。
おろした半身の状態です。
f0039281_2057447.jpg

魚屋さんがお家の近所にはないので、
ごくごく一般的なお魚以外は、デパートの地下に行かないと、普段はなかなか手に入りません。
あいなめなどが手に入るのは、とても珍しいことなのです。

たっぷり頂ける量ですので、
これはひとつ、何か面白いものを作りましょうと腕まくり。

ヒントをいただこうと、
手元の和風洋風のお料理本を、パラパラパラ…。
今一つ、ピンとくるものがありません。

そうそう、ネットで調べましょうと、
大手のレシピサイトCやらRやらを、クリッククリッククリック…。
思った以上に、役に立つ情報がありません。

で、結局、
f0039281_20582690.jpg

もっともトラディッショナルな唐揚げの応用編、揚げ焼きにいたしました。
唐揚げよりも温度が低いので、食べやすいよう骨をとる作業がちょっと大変でしたが、
ホクホクの身がジューシーで、とても美味しくいただけました。

それにしても、これは!というレシピサイト、
ないですねえ。
秀逸なレシピや、素材の仕込み方法をきちんと伝授してくれるレシピサイト、
どこかにないものかしら…。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-21 20:52 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)

まあるいズッキーニ

f0039281_22163158.jpg

コロンと可愛いズッキーニが手に入りました。
お料理方法はいろいろあると思いますが、
今回は簡単なオーブン焼きにして、
お夕食のサイドディッシュにしました。
f0039281_22165091.jpg

まず、ヘタの部分をお帽子のように切り落としました。
次に、中身をくり抜き、それと玉ねぎを、一緒にフードプロセッサにかけてから、
水分を飛ばしながら少し炒めます。
塩、こしょうで調味して、つなぎにパン粉を少し加え、くり抜いたところに詰め戻しました。
パン粉をトッピングして、切り落としたお帽子も一緒に、オーブンで焼いて出来上がり。
f0039281_22174177.jpg

この日のメインは、群馬県産ポークヒレ肉のソテー、カラフルトマト風味。
いつもは、鹿児島の六白豚ファンの我が家ですが、
ズッキーニやトマトが軽井沢産でしたので、今回は群馬県産ポークを使ってみました。
f0039281_2218470.jpg

実は、群馬県というのは、養豚業者数も飼育されている豚の頭数も、全国5位という、養豚が盛んな県です。
質の良い、美味しいポークが生産され、首都圏へもたくさん供給されているのです。

赤、オレンジ、黄色、グリーン・・・カラフルなミニトマトと、
usako家ベランダ産バジルをふんだんに使い、
柔らかなポークにトマトソースがこっくりと絡んで、
こちらも美味しいひと品になりました。(自画自賛で失礼いたします)
f0039281_22184437.jpg


丸ズッキーニは、以前にもこんなお料理をしています。→どうぞこちらもご覧ください。
f0039281_2219424.jpg

このときは、珍しいズッキーニの雄花と雌花も手に入ったので、
あわせてお料理しています。
f0039281_22192238.jpg


usakoの補足>カラフルトマトを使ったお料理のヒント・・・実は、関越自動車道高坂S.A(上り)にあるレストランの“ボクの畑のナポリタン”という可愛いタイトルのセットメニューから頂戴しました。
10数年ぶりにS.Aのレストランでお食事したのですが、その美味しさと、完成度の高さにすっかり感動して、真似っこしてみた次第。
びっくりしすぎて、撮影を忘れました・・・。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-08-06 22:15 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

本日のランチ

f0039281_17221851.jpg

昨日とは打って変わって、朝から穏やかな良いお日和でした。

朝の仕事を片付けながら、
このあと、銀座のあちらに行ってみようか?
新宿のこちらを見に行こうか?
いやいや、兼ねてから行こうと思っていた恵比寿のそちらに出かけましょうか?
・・・と、楽しい気分になっておりました。

もちろん外出はおろか、郵便受けを覗きに行くのでさえ、
まだまだマスクは手放せないのではありますが、
花粉が怖くてusakoがやってられるかってんだ!
ーーーあら、ハシタナイーーー
と、いうものでございます。

ところが。

暖かさと同時に明るさも増した春の光は、
おウチの中も隅々まで明るく照らし、
見えてきたのは、お掃除要!と思われる、あちらこちらそちら。

ということで結局、
一番身近なあちらこちらそちらを、ウェスを片手にウロウロして
過ごすことになりました。

お昼。
お出掛けをしたら、きっと美味しいランチもいただけたことでしょう。
でも、ここで待っていてもごはんは出て来ませんので、
引っ張り出した材料で、作ったのがアボカドスパゲティです。
f0039281_17223775.jpg

オリーブオイルでにんにくを軽く炒めたら、
アボカドたっぷりひとつをカットして加えて加熱。
形がくずれてきたら、昨晩のめかじき竜田焼きの残りと、スプーン一杯位容器に残っていたクリームチーズを加え、とっておいたパスタの茹で汁を適量加えます。
あとは、塩、こしょう、薄口醤油(これ重要)で調味して、
仕上げにディルとパルミジャーノをあわせました。
f0039281_17225310.jpg

これに、リーフレタスのサラダと、お紅茶。
デザートは・・・
“食べすぎじゃないの?”と、どなたかから指摘があると怖いので、ここまでにしておきましょう。
でも、お掃除をすると、とてもお腹が空きます、よね?


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

いつもイイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
ありがとうございます。

More  小さい声で。。。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-04-04 17:19 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(20)

秋はまだかな?

毎年、夏になると良く作る夏野菜の煮込み。
今年は、いつにも増して作る量も、回数も多かったように思います。
f0039281_127176.jpg

美味しいお野菜に巡り会う機会に恵まれたから、ということもありますが、
やはり、これさえ作り置きしておけば、
汗だくのお食事準備も、かなり楽になるし・・・、
夏バテしないために必要なお野菜も、たっぷり採れるし・・・
と、良い事たくさん。

いわゆるラタトィユにしてしまうと、応用範囲が限られますので
味付けを塩胡椒少々にとどめて、各種ハーブも入れずに作ります。

たまねぎは、長ねぎにすることも。
トマトは、大きいのでもプチトマトでも。
なすは、長なす、米茄子、小茄子、なんでも。種類によって皮は剥くこともあります。
ズッキーニは、見た目メダボなきゅうりにすることも。
パプリカ、ピーマンも。

そして、これらを最後の味付けによって
洋風にも、和風にも、中華風にも変えながら、
付け合せにしたり、
上掛けにしたり、
ソースにしたり。
フードプロセッサにかけたら、ポタージュにだって変わります。

そんなこんなで凌いできた長い夏。
そろそろ“あき”が来るころです。
・・・
・・・
・・・
おあとはよろしい?
[PR]
by oomimi_usako | 2012-08-29 12:05 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(14)

色もご馳走

f0039281_14462743.jpg

丹精込められたレッドオニオン。
そのまま飾っておきたい位ですが、
そこは、早めに美味しく頂戴するのが、肝要です。

ちょっとだけ手を掛けて、下ごしらえをして置くと、
あっという間に目にも鮮やかなひと品に。
カンパチ落ちバーグのレッドオニオンのせ吸い酢かけ。
f0039281_14464331.jpg


<レッドオニオンの下ごしらえ>

1 紫たまねぎをスライスします。
2 少し水に晒してから水気を良く切り、全体に満遍なくお酢(千鳥酢)をまぶします。

それだけ。
瓶や、ジップロックなどに入れて冷蔵で保管します。(タッパーやプラスチック容器は、匂いが移りやすいので、避けたほうが無難)

塩も胡椒もしていない上に、千鳥酢がマイルドなお味なので、
こうしておけば、洋風にも和風にも、
あるいは、そのままサラダにも、何か手を加える調理にも、
何にでも変幻自在、便利です。
色も綺麗ですしね。

カンパチの落ちで作ったお魚バーグに、
下ごしらえしたレッドオニオンを沢山盛り、
彩りに、発芽ビーンズを散らして、
上から熱くした吸い酢(=おだし、酢をベースに調味したもの)を掛けて仕上げました。

で、日本酒がススんじゃうんだわ~。

ごちそうさま、Ms MS !

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-12 14:43 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
『まだまだお待ちしています、きゅうりのレシピ。』
というお知らせをレシピブログさんからいただいたので、
これからの季節にちょうど良い、さわやかなレシピをもうひと品書いておくことにしました。
f0039281_1225131.jpg


*お手製しば漬け*

<材料>(二人~四人分)
きゅうり  1本
茄子    1本
塩     小さじ1
酢     大さじ1 
みょうが  2個
新生姜   3cm程度(直径・長さ共に)
赤紫蘇漬け 30g

<作り方>
①きゅうりは5mm位の輪切り、茄子は5mm位の半月切りにして、
すぐに丈夫なビニール袋やジップロックなどに入れ、塩と酢を混ぜて軽く揉み込んで置く。
②新生姜はスライス、みょうがは一つを縦六割りに切り、それぞれ水につけて簡単にアクを抜く。
③②の水気を良く切り、①に混ぜ合わせ20分ほど置く。
④赤紫蘇は水気を切り、刻み、③に合わせ、馴染ませるように揉み込み、冷蔵庫で保存する。

*補足1
お野菜は、作りかたに書いた切り方以外に、お好みでどういう形でも構いません。
薄く切れば早く漬かり、厚めに切ればゆっくり味が入ります。
歯ごたえも異なってきます。
お好きな形に仕上がるように、ご自身で調整なさってください。

*補足2
梅干用の紫蘇漬けは、ものによりお塩加減がだいぶ違います。
お好み&ご家族のご健康状態(!?)に応じて、ご自身で使用量は加減してください。

*補足3
完成後、一時間位から食べられますが、味が馴染むのは半日後から。
私は、三日後位のお味が好きです。
冷蔵で4,5日保存可。

ご飯のお供も、お酒のお供も、いたします。
愛いヤツですので、どうぞお試しください。

春きゅうりを使った料理レシピ
春きゅうりを使った料理レシピ


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2012-05-06 12:20 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)

たけのこ丁抹風

f0039281_10443192.jpg

今が出盛りの、たけのこ。
まとめて一度に茹でるので、
結果的に、連日消費活動に勤しむことになります。

飽きないように、和・中・そして洋とお味付けも七変化。
洋風なら、もっとも手の掛からないこんな食べ方が好きです。
f0039281_10445111.jpg

たけのこ丁抹風。(丁抹=デンマーク)

材料、
たけのこ柔らかい部分のスライス、
ドライローズマリー、
ドライタイム、
チーズ、
以上!

作りかた、
たけのこの上に、ハーブ、チーズの順に載せ、
オーブントースターでチーズがとろけるまで焼く、
以上!

お味のポイントなるチーズは、
クリーミーハバティ(デンマーク フレンドシップ社)。
f0039281_10451261.jpg

我が家の常備品。
そのままでも、
こうして加熱しても美味しくいただけます。

[PR]
by oomimi_usako | 2012-04-26 10:42 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

きゅうり第二弾

f0039281_1726559.jpg

続きましても、簡単きゅうりレシピです。
      春きゅうりを使った料理レシピ
春きゅうりを使った料理レシピ


御酒を楽しむことの多い、我が家の食卓では、
お肴になるような小さなお料理が不可欠。
時には、そんなお料理ばかりが並んでしまうこともあります。
“居酒屋メニュー”と、誰かさんには言われますが。

そんなひと品。
でも、御酒を召し上がらない方にも、お薦めです。
きゅうりとしらすの和え物は良くありますが、
すりおろしを使うとジューシーさが増して食べやすくなります。
f0039281_1727252.jpg

***きゅうりの共和え***
<材料>(二人分)
きゅうり 一本
しらす  大さじ山盛り3
うすくち醤油 小さじ1
 
<作り方>
①きゅうりは、約1/3を極薄切りにして絞る。
②きゅうりの残りは、すりおろし、うすくち醤油と混ぜる。
③しらすは、さっと湯通ししてすぐ冷水に放してから、またすぐに水気を切っておく。
④①と、②の約1/4と、③を混ぜて味を整え、器に盛ったら、②の残りを天盛りにする。

*すりおろしたきゅうりの水分は、すべてあわせると水っぽくなりますので、
もったいないけれど調整してください。
*しらすは、製品によって塩気が異なるので、
味を調える際に、うすくち醤油の量で調整してください。

作ってみようかしら~?と思ってくださった方!
どうぞクリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-04-22 17:19 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(12)