K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:軽井沢 ( 86 ) タグの人気記事

行きたいけれど、忙しくて行かれません。
9月は連休が多すぎます。
休日が増えると、主婦は仕事が倍増するものなのですから。

f0039281_23412886.jpg
あの、透きとおるようにひんやりした朝の空気の中、いただく朝食は、極上のひととき。
せめて、パンだけでも、ということで、
広尾のsawamuraで手に入れたセサミブレッドで朝食を。
f0039281_23414188.jpg
ごまがたっぷり入っています。
f0039281_23420478.jpg

このパンを買うときに、レジカウンターの上のイートイン用お品書きに、
“チョコレートパフェ”の文字を見つけました。
『パフェもあるんですね。』
『ボリュームありますけれど、美味しいですよ。また是非この次いらした時にでも。』
お勧め頂いたので、また近いうちに頂きにあがりたいと思っています。


☆2007年も毎日更新。9月17日は → こちら。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-17 23:36 | おうちのお食事 | Trackback
f0039281_18213645.jpg

この綺麗なグリーンは、
軽井沢菜というお菜っ葉。
湯掻くと粘りが出るので、叩いて胡麻和えにしました。
f0039281_18215750.jpg

軽井沢から戻る時には、
あちらの食材をいろいろ仕入れてくるのも、恒例のお仕事。
保冷バッグと保冷材は必携です。
f0039281_18222778.jpg

酢味噌で頂く鯉のあらい。
f0039281_18224945.jpg

岩魚は塩焼きにしました。
ちょっと素っ気ない盛り付けになってしまいました。
笹の葉でも一枚あれば、もっと格好良く出来たのですが…。
f0039281_18231231.jpg

信州サーモンは柵で購入して、お造りに。
挟んでいただけるようにノンケミカルレモンの切ったものを添えました。
驚くほどお安く、山葵も手に入ったので、
調子に乗って一本丸ごとおろして添えました。
f0039281_18233683.jpg

これら信州の幸の美味しさは、
この御酒と一緒に味わえたからこそ。
川中島 幻舞 純米吟醸無濾過生原酒(川中島 酒千蔵野)。
こちらは、折しも軽井沢に行く少し前に、MsK.Aから頂戴した御酒です。
なんでも、日本酒好きのご主人さまが、選び抜いてくださったものだということで、
すぐにでもいただきたかったのですが、どうしても御肴を信州ものに合わせたくて、
このタイミングで封を切りました。
f0039281_1824487.jpg

酒米には美山錦を使っていて香りが高く、
それでいて、舌に旨みがしっかり利いて、川の幸との相性は抜群。
本当に美味しい御酒でした。
f0039281_18243255.jpg

〆は、御存知、usako好物峠の釜めし。
f0039281_18245790.jpg

往路の横川サービスエリアで、昨年のお釜を返却しましたが、
復路の横川サービスエリアで、今年の分を購入。
ということで、我が家の戸棚の奥に、
釜めしのお釜が無いのは、年に数日間だけです。

おまけだにゃん。
f0039281_18252014.jpg

またしても 化け 猫出現!?


Special thanks to Mr.and Mrs. K !!







                       ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-05 18:19 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(0)
今回、出掛けた群馬・長野方面。
いままさに、
「大河ドラマ“真田丸”に乗らぬもの無し」の様相を呈しています。
あっちこっちで、“六文銭模様”と“赤い色”が翻っているのには、
驚きました。

一緒に滞在したぴょんこちゃん夫婦も、
最終日は、上田を回って帰京。
ご感想はひと言、「暑かった!」。

大河ドラマフリークのわが殿は、
「放映中は、乗らない、行かない」
が、信条。
来年の私の軽井沢日記には、上田のお話もご披露出来るでしょうか。
f0039281_1537411.jpg

「面白そう!」
と、乗ったのはusako両親。
東急ハーベストクラブAvantのディナーでいただける
開業15周年記念特別和洋折衷“真田会席~sanada~”です。
私も、便乗。
f0039281_15382197.jpg

前菜は、お決まりの六文銭でスタート。
和洋の六種盛り合わせは、長野の幸を盛り込んでいます。
f0039281_15384946.jpg

f0039281_15392963.jpg

福のお椀は、旨みの利いた紅白貝柱真丈。
f0039281_15394585.jpg

次はお造り。
伊勢の伊勢海老のお造り、たっぷり一尾分。
なんでも、紅い甲冑に見立てたのだとか。
f0039281_15401772.jpg

軽井沢のアメーラトマトのゼリーは、箸休め。
撮影をすっかり忘れて(いつものことですが)頂きかけで失礼いたします。
トマトの旨みをたっぷりきかせたジュレが美味。
f0039281_15403760.jpg

お肉料理は、信州牛フィレステーキ。
上にフォアグラを乗せているので、ロッシーニ風。
驚くほど柔らかい極上のフィレ肉でした。
f0039281_15414582.jpg

お食事は、鱧と茗荷の釜炊き御飯に、赤出汁。
岩間料理長自らお出ましになって、ご飯をサーヴしてくださいます。
f0039281_1542241.jpg

そして、締めくくりのデザートは、
パティシェ自ら取り分けてくださるワゴンサービス。
一番気に入ったのは、手前のキャラメルムースでした。
f0039281_15494362.jpg

f0039281_22101759.jpg



真田丸には、乗ってしまいましたが、
体重計には、しばらく乗らないことにするつもりです。





                          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-03 15:35 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)
ゴルフ大会が流れても、予約済みの打ち上げ会は、滞りなく行われます。
旧軽ロータリーの川上庵にて。
f0039281_17382610.jpg

美味しいお蕎麦と、数々の銘酒に出会える川上庵は、
滞在中に“最低”一度は伺いたいお店です。
f0039281_1738431.jpg

予約時間の繰り上げも、快く応じてくださって、
まだ明るいうちから宴を始めました。
f0039281_17393836.jpg

御酒も、
御肴も、
いろいろ沢山いただきましたが、
もちろん〆は胡桃蕎麦。
f0039281_173966.jpg

こちらでは、軽く〆たい方のために、
お蕎麦ハーフでもお願い出来るのも良いところです。
…私はハーフでお願いしたことはございませんけれど。

美味しい日本酒にも出会えたので、入手方法などお訪ねすると、
丁寧に教えてくださいました。
これについては、また後日。
我が家の食卓にてご披露いたしましょう。(=つまり、早速買ってきた)

沢山食べて、沢山呑んだら、すっかり身体も温まったので、
20度を切る夜のはじめの道も、
みんなでお散歩しながら帰りました。

途中のル・レガランで、デザート用のフレッシュケーキを買いました。
f0039281_1740476.jpg

今年のデザートは、こんな感じ。
左手前は、ロールケーキ。
新作ですって。
何十年も変わらない味わいの、老舗洋菓子店ル・レガランのケーキも、
滞在中に一度は頂きたいお味です。
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-01 17:05 | おうちのお食事 | Trackback

霧の軽井沢

毎年恒例の、夏の初めの軽井沢滞在。
梅雨明けが遅れた関東甲信地方でしたので、
雨天、曇天、霧まみれ…の日が続いて、
ようやっと、滞在の終わる前日の午後に、
爽やかな青空が仰ぎみられるようになりました。
f0039281_15211954.jpg

大賀ホールの脇のお池の睡蓮が、
霧に沈んで、幻想的でした。

せっかくの兄弟姉妹ゴルフ大会も、
霧雨煙る寒いお天気に、今回は急遽中止に。
f0039281_15235394.jpg

若い頃なら、気にせずスタートしていたでしょうけれど、
それなりのお年頃に差し掛かり、無理はしないことにしました。
また時期と場所を改めて、仕切り直しの予定です。

毎年恒例。
いつも変わらぬ軽井沢の滞在。
でも、年ごとに、
さまざまに趣を異にする、風景や出来事に出会える、
家族の夏の行事です。



                          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-07-30 15:18 | 旅とおでかけ | Trackback

わーい! 二題。

ここ何日か、初夏の心地よさを飛び越えての、夏日真夏日。
昨日今日のこの暑さを嘆くよりも、
こーんな暑さが何日も続くであろう、
来る六月、七月、八月、そして九月のことを思い、
嘆いています。

でも、
そんな嘆きを、少し忘れさせてくれる出来事が。
わーい、その一。
f0039281_22351588.jpg

軽井沢のパン屋さんサワムラが、広尾プラザに新装オープン。
いままでは、ふらりと買いに行くのには、ちょっと遠かったのです。
・・・もちろん軽井沢店のことではありません、南麻布店のこと。
でもこれからは、お買い物のついでにチラリと寄れますし、
駅からも近くて、とても便利です。
イートインスペースも、外苑西通りを見下ろす気持ち良い配置です。

わーい、その二。
f0039281_22275362.jpg

f0039281_2228357.jpg

先日、美味しい羽二重やきのことを書きましたら
Aちゃんが、私の気に入りようをお読みくださり、
“そんなに好きなら”と言って、再び、
羽二重やきを買って送ってくださいました。
まるで天使のように優しいAちゃんに、感激。
ひと箱抱えて、いただいています。
f0039281_2229463.jpg


大きな“わーい”でなくてもいいの。
ちいちゃなちいちゃな“わーい”が毎日あって、
そしてそれが、この夏の暑さを、
すこぉしでも、忘れさせてくれればいいなあ、
なんて思う、初夏の日です。





-
[PR]
by oomimi_usako | 2016-05-24 22:25 | 日々の生活 | Trackback | Comments(8)
金木犀の香りが街いっぱいに漂っています。
それと一緒に、季節の変わり目の気配も漂い始めました。
そろそろ本格的に秋の準備をしなくてはと、
時間を見つけては、身の回りのものの入れ替えもはじめてます。

お洋服におふとん、クッションカバー、それからそれから・・・。
お靴も。
f0039281_23383634.jpg

こちらは、軽井沢の老舗靴屋さん“佐藤シューズ”の夏のお遊び靴。
長く大事に履くキチンとした靴も、もちろんお取り扱いがありますが、
避暑地でひと夏だけ履く、お手頃なお遊び靴もいろいろ置いているお店です。
f0039281_2339460.jpg

可愛いものが見つかるので、昔から毎年覗いては、
こんな感じのお遊び靴を一足ずつ購入。
だいたい1~2年履いて楽しんでいます。

茶色のリボンのウエッジは、一昨年の購入です。
ひと夏だけでダメになるかと思いきや、思いのほか綺麗に今夏も終えられたので、お手入れをして、来年も履くことにしました。
コンビの綺麗な色の靴は、今年見つけたもので、来年活躍してもらう予定です。
f0039281_23393894.jpg

長く大事に履いているバックベルトのシューズや、
淡い色のパンプスも、お手入れを済ませたら箱に収めてクローゼットに。
最古参は、丁寧にお手入れして、大事に大事に履いている、大好きなフェラガモの白いヴァラ。
もう、幾夏になるでしょう?(たぶん15年位?)
このリボンのモチーフは、私にとってのツボ。
歳を重ねても、こんなお靴が似合うひとでいたいのです。

さて、出すものは、こちら。
f0039281_2340473.jpg

描かれている柿の実が、今年も熟して枝からすべて落ちる頃まで、
我が家の食卓を彩ります。
f0039281_2340344.jpg

f0039281_23405244.jpg

この有田焼の和食器は、祖母から譲ってもらいました。
お小皿から中皿大皿、小鉢、飯碗からお茶器に至るまで、
全て揃ったものです。
輪郭に微妙な表情があり、それが可愛くてお気に入り。
f0039281_23411537.jpg

f0039281_23413375.jpg

せっかくなのでお料理教室でも、お越し下さる皆さまに使っていただいています。
仕舞ってある時期の方が長い食器。
使える秋が待ち遠しく、思う存分楽しみたいと思うのです。



[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-26 23:35 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(2)
遅い夏休みを、軽井沢で過ごされた方が、
お土産に沢屋のジャムをお届け下さいました。
f0039281_175943.jpg

美味しいものを、また、軽井沢のことも良くご存じの方だけあって、
お選びくださったのも、白桃、巨峰、ルバーブの、
とっても素敵なトリオ。
早速、朝食のヨーグルトにあわせていただきました。
f0039281_1752952.jpg

軽井沢のお土産に、美味しい沢屋のジャムは定番です。
皆様のお土産を選び、もちろん自家用も手に入れて戻ります。
でも、ひと月半経てば、もう空き瓶には、代わりに梅干しが…あらあら。

そんな折であったことも手伝って、
とてもとても嬉しく頂戴いたしました。
これからしばらくは、軽井沢の風を感じつつ、
朝食がいただけます。
Thank you , Ms KH !!



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-09-02 17:30 | あまいもの | Trackback | Comments(10)
f0039281_18103078.jpg

さて、
とっくのとおに、終わっております軽井沢の避暑。
拙ブログにて、長きに亘りお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。
今回が、ようやっと最終回。
舞台は、軽井沢ではなく、ここ東京です。

軽井沢から帰る日は、軽井沢のマツヤか、中軽井沢のツルヤに寄って、
〝信州の味”をいろいろ購入。
さらに、上信越道に碓氷から乗ってすぐ、横川PAに寄って、
横川の峠の釜めしを購入。
もちろんこのために、大きな保冷バッグを二つ、忘れずに持参しています。
新鮮なお野菜や、たっぷりのブルーベリーなどはデフォルトで購入。

そして、この日のお夕食は、
佐久の鯉のあらいや、
信州サーモンのお刺身。
f0039281_18112278.jpg

添えた山葵も、信州産。
東京よりリーズナブルです。
f0039281_18114499.jpg

モロッコいんげんの和え物。
今でさえ珍しくなくなりましたが、軽井沢では
ずっと以前から、普通に八百屋さんに並んでいました。

合わせた日本酒も信州産。
f0039281_18123486.jpg

今回は黒澤酒造(佐久)の純米大吟醸黒澤。
信州のお魚にとてもよく合う、すっきり、きりりとした日本酒でした。
f0039281_18132785.jpg

そして横川の峠の釜めし。
信州の山の幸満載が、いつも楽しく。
f0039281_18134991.jpg

最後にいただく干し杏の甘酸っぱさに、
もうすでに思い出になってしまった今年の夏の軽井沢への想いが、
センチメンタルに重なっていくのでした。

…なんのこっちゃ!

usako補足>そうそう、軽井沢に行くときには、横川下りSAで、
高崎名物だるま弁当を購入して行きます。
f0039281_18184121.jpg

f0039281_1819395.jpg

到着して、荷物をおろしたりしてすぐに、お昼ご飯に出来るので、
とっても便利なんですもの。
…実はusakoは、駅弁好き…?


軽井沢編、お付き合いいただきまして
ありがとうございました。
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-08-07 18:03 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
今年もまた軽井沢滞在の最終日に、東急ハーヴェストクラブのダイニングで、
会席料理をいただきました。

落ち着いたお席で、ひと品ひと品楽しみながら、ゆっくりいただくのが
いつもの楽しみとなっています。

前菜
f0039281_21263353.jpg

賀茂茄子利休琥珀寄せ。
鱚二味焼きと近江蒟蒻の串うち。
白だつみぞれ和え。
玉子カステラに、穴子棒寿司、バイ貝旨煮、夏鴨甲州蒸し。
f0039281_2126543.jpg

前菜には、必ずお歌が掛けられています。
お料理も、お盛り付けも、とてもお勉強になります。

御酒は、まろさんセレクトの明鏡止水。
まろやかで旨みがあり、特に山のものに似合うお味。
f0039281_21271593.jpg

酒器の演出も綺麗です。
最近、ミニクルクマが出ているんですね。
これなら従来のものより、楚々とした演出が出来るので素敵。
今度行きつけのお花屋さんに、お取り寄せしてもらいましょう。

お椀
f0039281_21273754.jpg

鱧の葛打ちに、冬瓜、じゅんさい、まつたけと青柚子。

お造り
塗りの竹筒で登場。
f0039281_21275735.jpg

筏の下から、白い冷気が静かに流れ下ります。
f0039281_21281514.jpg

f0039281_21283269.jpg

鮪、石鯛、車海老。
お野菜のあしらいが綺麗です。

お凌ぎは、信州そば。
f0039281_21285373.jpg

つるるんと、喉をとおります。

焼物
f0039281_21291425.jpg

山女魚田楽。
青唐辛子に海老真丈の射込み。
金山寺味噌につけていただくのは、
谷中生姜、ホワイトアスパラ、インカのめざめ(じゃがいも)、
焼き大根。
ほうずきの入れ物の中には、真っ赤な山桃。

煮物
f0039281_21293731.jpg

蓮根餅鶏そぼろ射込み。

お食事
f0039281_21295930.jpg

テーブルの横で仕上げて下さるので、
アツアツが頂けます。
麦飯の湯葉餡かけ。
f0039281_21301998.jpg

おこげご飯も添えられて、食感が楽しめました。

デザートには、青梅と無花果のゼリー掛けをいただいて。
f0039281_21303620.jpg

さっぱりとした甘さで、締めくくりとなりました。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-08-04 21:20 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(4)